ここから本文です

「韓国での活動は諦めろ」現地紙も飛び付いた唐田えりか“未成年不倫”の代償

1/25(土) 6:00配信

文春オンライン

 東出昌大と唐田えりかの不倫騒動が、海の向こうでも大きな波紋を広げている。無数の韓国メディアが、リアルタイムでこのスキャンダルを逐一伝えているのだ。

【写真】唐田えりかの不倫について伝える「朝鮮日報」電子版

 現地最大手ポータルサイト "NAVER" では、芸能ニュース閲覧数ランキング上位30位に計6記事がランクイン(1月23日付)。

 そのうち「唐田えりか、韓日を大騒ぎさせた不倫…両国の所属事務所は "反省している"」(「日刊スポーツ」同)との記事が、2位に浮上するほどの関心を集めている。

 日本のメジャーな芸能スキャンダルは韓国でもニュースになるが、ここまで大きく取り上げられる例は多くない。それが今回注目されている理由の1つは、唐田が韓国でも一定の知名度を得ていたからだ。

CM、ドラマで知名度を高める

 唐田の韓国芸能界との関わりは、女優デビュー前年の2014年にさかのぼる。この年に日本の芸能事務所FLaMme所属となったばかりの唐田は、韓国の女性アイドルグループ "少女時代" のMVに出演。

 その後「恋仲」(2015年)など日本で数々のドラマの出演した後、2017年に韓国のBHエンターテインメントと専属契約を結んだ。同社はイ・ビョンホンなどトップスターを数多く抱える有力な芸能事務所だ。

 同年にはまた韓国で、LG電子のスマートフォンのテレビCMに出演。清楚かつ爽やかな存在感で、顔と名前を広く知られるきっかけを作った。「牧場でスカウトされた」というエピソードも同時に伝えられ、純真無垢なイメージの定着に役立ったようだ。

 そして韓国でブレイクする端緒をつかんだのが、2019年の「アスダル年代記」。韓国では破格の制作費540億ウォン(約51億円)を投入、大きな注目を集めたファンタジードラマだ。

 唐田は同年9月に放送されたパート3で、"モモ族" と呼ばれる部族の若い女族長 "カリカ" 役を熱演。清潔感あふれる美貌とりりしい演技が好評を博し、初登場回放送(同月7日)直後には「唐田えりか」のワードがNAVERの検索語ランク1位に。韓国での今後に大きな期待が高まっていた。

1/2ページ

最終更新:1/27(月) 18:21
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事