ここから本文です

井上尚弥から「KO狙いは当たり前」 カシメロが不敵な自信「最高の対戦。戦争になる」

1/25(土) 8:13配信

THE ANSWER

正式発表前からやる気満々「オレにとってでかい試合だ」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスで拳を交えることが濃厚となっている。カシメロはワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会決勝で井上と対戦した元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)の戦いを引き合いに出し、「いい仕事をした。だが、仕留めきれなかった」と指摘。「KO狙いは当たり前だ」と怪気炎を上げている。フィリピン地元紙「サン・セブ・スター」が報じている。

【動画】これで井上尚弥に勝てるのか!? 最後はテテも足がフラフラ、そして…カシメロが衝撃の3回TKO勝ちを飾った実際のシーン

 正式発表前から、自称“モンスターキラー”はやる気満々だった。対戦濃厚が続々と報じられる中で、カシメロは「これはオレにとってとてもでかい試合だ。最高のマッチアップだ。戦争になるだろう」と語っているという。

 カシメロは同郷のレジェンドの闘いぶりを脳裏に焼き付けているようだ。11月のWBSS決勝でドネアは左フックで井上をキャリア初の流血に加え、鼻骨と眼窩底骨折など大ダメージを与えた。

 最終的には判定で屈したが、記事によると「彼(ドネア)はいい仕事をした。しかし、仕留め切ることができなかった」と振り返っているという。

 さらにカシメロは「KO勝ちを狙うか? 当たり前だ」と高らかに宣言。5階級制覇のレジェンドが達成できなかったミッション遂行に野心をたぎらせている。

THE ANSWER編集部

最終更新:1/25(土) 8:13
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ