ここから本文です

松屋「シュクメルリ」で話題のジョージア料理。日本人好みの味なワケは…

1/25(土) 8:47配信

bizSPA!フレッシュ

 チーズティーやバスクチーズケーキ、チーズタッカルビなど、チーズを使った食べ物にはファンが多く、人気になりやすいですよね。ここ最近では、松屋がチーズとにんにくを使った「シュクメルリ」というジョージア風ホワイトシチューを期間限定でメニューに採り入れて、話題になりました。

⇒【写真】日本人が好きな味!ジョージア料理いろいろ

 この「ジョージア風」というのは、数年前までグルジアと呼ばれており、現在はジョージアと呼び方を変えた国のこと。最近この国の料理がジワジワと人気を呼んでいます。そこで、フードアナリストとして世界の料理を研究する筆者が、ジョージア国の料理を紹介します。

ジョージア料理の特徴は?

 ジョージアがあるのは、古くからアジアとヨーロッパの貿易の交差点となったエリア。つまり多くの民族が行き交ってきたことから、多様な食文化の混合がなされています。地理的にトルコ料理やロシア料理、中央アジアや中東の料理にも似たものがあり、これらの地域と影響し合っている事が伺えます。

 またジョージアには日本のように四季があるため、収穫される豊かな農作物に肉や魚、乳製品を組み合わせているのも特徴のひとつ。

 そして「ワイン発祥の国」を謳っていることもあって、お酒も美味しく、それらに合うような濃いめの味付けが多いです。にんにくやチーズなどの乳製品、くるみ、果物などを用いて、しっかりした味わいに仕上がっています。

「シュクメルリ」以外で日本人がハマりそうなのは?

 特に日本人の味覚に合うのは「サツィヴィ」や「ハチャプリ」、「カバビ」といったメニューだと思います。

「サツィヴィ」は蒸したチキンに、にんにくとすり潰したくるみソースで和えたもので、くるみの優しい甘みがありながらつまみにもなるという一品。季節によって、白っぽいソースの上に乗せられたザクロの実が彩りを添え、プチッとした食感でアクセントにもなっています。

 鶏肉は他の肉に比べて宗教的なタブーも少ないこともあり、今後は日本だけでなく世界の国々にも、この料理は知られていくのではないでしょうか。

1/3ページ

最終更新:1/25(土) 18:02
bizSPA!フレッシュ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ