ここから本文です

新型肺炎、SARS流行時に学ぶ次の危険シナリオ

1/25(土) 7:40配信

東洋経済オンライン

 中国湖北省武漢市で発生した、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が止まらない。中国の国家衛生健康委員会は、1月24日現在、中国全土で830人が感染し25人が死亡したと発表した。その数は増えるばかりで、中国政府は23日に、武漢市や周辺地域の交通を遮断する事実上の封鎖措置を取った。

【写真】SARS流行時の劣悪な中国の市場環境

 また、日本国内では24日に2人目の感染者が確認された。厚生労働省によれば武漢市在住の40代男性旅行者で東京都内の医療機関に入院中だという。韓国・台湾・マカオ・シンガポールやベトナムなどアジア地域を中心に感染が広まっている。

■SARSの感染ルートをたどったからわかる共通点

 私(つまり、筆者)は、2003年に同じコロナウイルスによるSARS(重症急性呼吸器症候群)が猛威を振るった当時、中国、香港、台湾をまわって、感染ルートをたどった取材経験がある。

 今回の新型肺炎の発生源が、武漢市内にある「武漢華南海鮮卸売市場」と、最初に報じられた時には腑に落ちなかった。

 次いでCNNが同市場では食用の動物や爬虫類も売られていたこと、その中でも中国に生息するアマガサヘビやタイワンコブラが感染源の可能性を指摘する報道に接して、ようやく合点がいった。とても海産物がコロナウイルスを媒介するとは思えなかったからだ。

 ここに新型肺炎とSARSとの共通点を見ることができる。それは原因となるコロナウイルスの発生源が野生動物を扱う市場であることだ。

 2002年11月、中国広東省広州市で発生したSARSは、同市郊外にある「広州新源蛇鳥禽畜総合市場」という野生動物の市場が発生源とされた。

 そこはアーケードが横に規則正しく、いくつか並び、その下に商店が向かい合って並んでいる場所だった。

 売られているものは、鳥類ならば野鳥やウズラから大型の水鳥まで、ヘビはコブラもいれば、イヌ、ネコ、野豚、狼の類から、子鹿まで、日本では見かけない動物も含めて、生きたまま網や鉄の籠や檻の中に入れられて店先に並べられている。

1/3ページ

最終更新:1/30(木) 18:42
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事