ここから本文です

池上彰もハマった警察小説「隠蔽捜査」シリーズ 最新作がベストセラーに

1/25(土) 8:00配信

Book Bang

 1月21日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、単行本 文芸書第1位は『medium 霊媒探偵城塚翡翠』が獲得した。
 第2位は『蜘蛛ですが、なにか? (12)』。第3位は『清明 隠蔽捜査(8)』となった。

 1位の『medium 霊媒探偵城塚翡翠』は年末恒例の「このミステリーがすごい!」2020年版で国内1位を受賞した作品。3位の『清明 隠蔽捜査(8)』はテレビドラマ化もされた今野敏さんの人気警察小説シリーズの最新作。警察署長に降格された警視庁のエリート官僚、竜崎を主人公として続いてきたこのシリーズ。警察という巨大な官僚組織に注目し、そこで働く人々のリアルな人間関係と、巻き起こる難事件に組織として対応してゆく様子を描いてきた。今作で竜崎は警察署長から県警刑事部長に異動となり、さらに複雑な環境で新たな活躍をみせる。

 ジャーナリストの池上彰さんも同シリーズの大ファンの一人だ。池上さんは前作『棲月』(新潮社)の書評で、立場が変わった竜崎が新しい部下たちと仕事をするうちに、心の交流がはじまり関係が変わってゆくことを指摘。《読者はシリーズを読み進めることで竜崎の成長ぶりも見ることができる》と連作ものならではの魅力を解説している。
https://www.bookbang.jp/review/article/546599

1位『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼[著](講談社)

推理作家として難事件を解決してきた香月史郎【こうげつしろう】は、心に傷を負った女性、城塚翡翠【じょうづかひすい】と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。だが、殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていた――。(講談社ウェブサイトより)

1/2ページ

最終更新:1/25(土) 8:00
Book Bang

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ