ここから本文です

刊行から1年 売れ続ける『FACTFULNESS』 世界のリーダーたちが絶賛するワケ

1/25(土) 7:00配信

Book Bang

 1月21日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、ビジネス書第1位は『メモの魔力 The Magic of Memos』が獲得した。
 第2位は『1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え』。第3位は『2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望』となった。

 4位以下で注目は5位にランクインした『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』。トーハン発表の2019年の年間ベストセラーランキングビジネス書部門で2位となった一冊。2019年1月に刊行されており、一年間を通してランキングの常連となったロングセラーだ。

 ファクトフルネスとはデータを正しく把握したうえで事実を捉えること。人は本能的な思い込みによって、物事を正しく捉えることができない。前向きで正しい判断を下すには、情報をインプットする際にかかる様々な本能的なバイアスを認識する必要がある。同書は豊富な事例をあげ、そうした呪縛から逃れるための習慣やスキルを解説している。フェイクニュースやセンセーショナルな話題が一瞬で駆け巡る現代において、正しくデータを読み解く能力は必須といってよいだろう。ビル・ゲイツ、バラク・オバマ元アメリカ大統領など世界のリーダーたちが絶賛するのもうなずける。

1位『メモの魔力 The Magic of Memos』前田裕二[著](幻冬舎)

いま最も注目される起業家・前田裕二による渾身のメモ術! (幻冬舎ウェブサイトより)

2位『1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え』エリック・シュミット、ジョナサン・ローゼンバーグ、アラン・イーグル[著]櫻井祐子[訳](ダイヤモンド社)

シリコンバレーで「ザ・コーチ」として知られ、あらゆる成功者に慕われた伝説のリーダー、ビル・キャンベル。ジョブズと共にアップル帝国を築き、グーグルを巨大企業に導き、アマゾンの苦境を救ったビルだが、2016年に逝去。本書はビルに師事した著者がその教えをまとめた貴重な書。不世出のリーダーの成功の教えとは? (ダイヤモンド社ウェブサイトより)

1/2ページ

最終更新:1/25(土) 7:00
Book Bang

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ