ここから本文です

比、新型ウィルスで中国人観光客強制送還

1/26(日) 0:46配信

Japan In-depth

【まとめ】

・コロナウィルス、比政府中国人観光客強制送還。
・シンガポールはSARS教訓に感染阻止対策実施。
・インドネシアはコロナウィルスの脅威への認識が甘いとの批判。

中国湖北省武漢を中心にして中国各都市そして日米韓など海外にも感染が拡大し深刻な問題となっている新型コロナウィルスによる肺炎の感染阻止に東南アジア諸国連合(ASEAN)各国も必死の水際対策で対処している。

そんな中フィリピン政府がこれまでに武漢からフィリピン国内の主にリゾート地を訪れている中国人観光客を本来の日程を前倒しして政府が用意したチャーター機で中国に送還する計画に着手している。

これまでに送還した中国人と1月27日までに送還予定の中国人は合わせて634人とされ、フィリピン国内への感染拡大を懸念するドゥテルテ政権による半ば「強制送還」という思い切った措置は「自国民保護を最優先した対応策」としてフィリピン国内では好意的に受け止められている。

フィリピンではこれまで1月12日にセブ島に中国から英語学習のために到着した中国人母子の子供(5)が発熱やセキ、喉の痛みを訴えていたことから新型コロナウィルスの感染の能性があるとして地元病院に隔離してウィルス検査を受けていた。

フィリピン国内の「熱帯医学研究所」では類似の既存コロナウィルスか新型かという最終的な確定ができないため男子の検体データをオーストラリアの検査機関に送って検査を依頼していたが、25日までに新型コロナウィルスではないことが確認されたという。

このため25日現在でフィリピン国内では感染が確認された患者はいないものの、なお感染の疑いがある患者が数人隔離されて検査を受けている状態と保健当局はしている。

★リゾート地ボラカイ島に集中の中国人
 
中国人観光客は1月25日の中国正月(春節)の長期休暇で中国国内を大移動するが、フィリピンにも例年多くの観光客が押し寄せる。

フィリピン中部パナイ島にある国際的なリゾート観光地ボラカイ島にも1月20日の週からパナイ島アクラン州カリボにあるカリボ空港やアクラン空港経由で多くの中国人観光客の訪問がはじまり、主要なホテルやビーチには中国人観光客が溢れる状態となっていた。

1/3ページ

最終更新:1/26(日) 0:46
Japan In-depth

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ