ここから本文です

復活ゴールド、涙の全米復帰に盟友ワグナーも感激「あなたを誇りに誇りに誇りに…」

1/26(日) 8:13配信

THE ANSWER

かつてのライバルも労う「あなたの演技は息を呑むものだった」

 フィギュアスケートの全米選手権は25日、女子フリーが行われ、3年ぶり出場となった14、16年全米選手権女王グレイシー・ゴールドは107.24点、合計161.75点で11位に入った。摂食障害などの病を乗り越え、カムバックした大舞台。演技後は涙を堪えるような仕草を見せ、会場はスタンディングオベーションとなった。実際のシーンを米記者が動画付きで速報し、感動が広がっていたが、かつて苦楽を共にした盟友アシュリー・ワグナーも「あなたを誇りに誇りに誇りに思っているわ」と感激している。

【動画】この涙に米感動の嵐! 会場は総立ち&解説者も涙声に、本人の表情は…ゴールドが3年ぶり全米選手権を演じ切った実際の感動シーン

 かつて鎬を削った盟友も特別な思いで見守っていた。大きな歓声を受け、リンクに立ったゴールド。やや緊張した面持ちながら、演技では果敢に攻めた。積極的に3回転ジャンプに挑戦。抜ける場面もあったが、着氷させる度に大きな歓声が包んだ。そして、4分間を演じ切ると、この日一番の大歓声が……。その瞬間、ゴールドに熱いものが込み上げてきた。

 両手を目元にやり、涙ぐんだ。それでも、しばらくすると必死に笑顔を作り、会場の声援に応えた。なんとも温かい空気に包まれる会場。得点は合計161.75点となり、ゴールドはガッツポーズを見せた。しかし、摂食障害などの病を乗り越え、地方大会から出場し、帰ってきた全米選手権の舞台。得点以上に大事なものがあると、盟友も悟っていた。

 ゴールドの4歳上で長年に渡ってライバル関係を形成し、ソチ五輪団体戦ではチームメートとして銅メダル獲得に貢献したワグナーはツイッターを更新。「あなたの演技は息を呑むものだった。あなたを誇りに誇りに誇りに思っているわ。これはスケートにおいて本当に大きな瞬間だった。あなたは素晴らしい」と思いを込め、つづっていた。

 ファンからも「私も誇りに思っているわ。グレイシー、あなたは病気を克服して、同じような人々にとってのロールモデルになったわ! ありがとう!」「これは人の心を掴むものだったし、これを見て感動した! アシュの言っていることは全てであると思う」「中盤から涙が止まらなかったわ。本当に誇りに思う」「ゴールドがチャンピオンであることを再認識したわ」「なんてファイターなんだ。涙したわ。グレイシー、あなたはチャンピオンだわ」などと賛同の声が続々と集まっていた。

THE ANSWER編集部

最終更新:1/26(日) 13:05
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ