ここから本文です

平均年齢32~33歳!「遊ぶ鉄工所」と「踊る町工場」は社内をどう活性化しているか

1/26(日) 6:01配信

ダイヤモンド・オンライン

 9月12日の『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)で一躍話題となった、富山県高岡市にある「能作」は、北陸新幹線・新高岡駅からタクシーで15分前後、日中でも3000円以上かかる。失礼ながら、あたりは何もない「片田舎」だ。だが、今、ここに年間「12万人」が殺到している!
能作克治社長(61)は大手新聞社のカメラマンから一転、能作家の一人娘と結婚し、婿(むこ)入り。長い間、「マスオさん生活」を送ってきた。カメラマン時代は入社2、3年目で年収500万円超。それが鋳物職人となったとたん、年収は150万円と「3分の1以下」に急落したという。
そんなある日、「工場見学をしたい」という電話があった。小学生高学年の息子とその母親だった。工場を案内すると、その母親は、信じられないひと言を放った。
「よく見なさい。ちゃんと勉強しないと、あのおじさんみたいになるわよ」
その瞬間、能作は凍りついた。全身から悔しさがこみ上げてきた。同時に、「鋳物職人の地位を絶対に取り戻す」と誓った。
閉鎖的な高岡の地で「旅の人(よそ者)」といわれながら、1200度以上の熱風と対峙し鋳物現場で18年、4リットルの下血も経験しながら必死に働いた。
そして2017年、13億円の売上のときに16億円をかけ新社屋を建てた。すると、社員15倍、見学者300倍、さらに売上も10倍になったのだ。
しかも、「営業なし」「社員教育なし」で!
このたび、能作克治社長の初の著書『社員15倍!見学者300倍! 踊る町工場――伝統産業とひとをつなぐ「能作」の秘密』が、話題となっている。
そんな中、第7刷突破のロングセラー『ディズニー、NASAが認めた 遊ぶ鉄工所』の著者・HILLTOP山本昌作副社長がついに能作を訪れた。
そこで交わした時間は4時間!日本中探してもこれだけ「ものづくり」が好きな経営者同士は存在しないだろう。両書を担当した編集者も興奮の連続だったという。それでは「修羅場経営者in富山」の初対談を紹介しよう。(構成・寺田庸二)

【この記事の画像を見る】

● 平均年齢32歳前後の両社

 山本 ところで、社員構成としては、うちも能作さんも平均年齢32歳くらいですかね。

 能作 今、33歳くらいになりましたかね。

 山本 ほぼ同じですね。また、人員150名ぐらいというのも似ていますよね。

 能作 そうですね。

 山本 下請け、孫請けから自社メーカーにのし上がっていく流れも同じ。
 この10年くらいで若い人がどんどん増えているのも同じ。さらに右肩上がりの業績、社員数も同じ。新社屋でどんどん見学者が増えているのも同じ。今日、拝見しましたが、新社屋の活気のある社員の雰囲気もうちと能作さんは似ている。思わず「そっくり」といってしまったくらい。異母兄弟のようですね(笑)。

 能作 本当にびっくりするくらい似ているんですよ(笑)。今日が初対面ですが!

 山本 10年前、うちの会社は36人しかいなかった。

 能作 うちは、20年前はたった8人でした。

 山本 すごい。今、100人以上増えている! 社屋を建てたことで革命が起きてるわけですね。夢が生まれるから。

 能作 うちの場合は。旧社屋がものすごく狭くてどうしようもなかったから新しい社屋を建てたんです。

 山本 僕はもともと夢のある会社をつくりたいと思っていた。社員たちが誇りに思える会社したかった。世の中に誇れるものをつくってるのに、どうやらまだ社員自身が誇りを持てていなかった。それは鋳物業界も一緒かもしれませんよね。

 能作 そうですね。

 山本 新社屋建設前は、いいものをつくっていて、みなさんから重宝がられていたのに、悪い環境の下で仕事をしていた。
『踊る町工場』にも出てきた、小5の息子と工場見学に来た母親が、
「よく見なさい。
 ちゃんと勉強しないと、
 あのおじさんみたいになるわよ」
 と同じようなことを僕もいわれてきた。
 それがどうにもたまらなかった。
 今、能作さんがこの新社屋によって、社員も見学者もイキイキしているのをこの目で見たら、誰もがここで働きたいというでしょうが、僕も当時はそういう会社にしたかった。
「君のお父さんはどこで働いているの?」と友達に聞かれて、「どこだかわからないなあ」とお茶を濁すような会社ではなく、みんながうらやむくらいの会社にしたかった!

 能作 一緒です。

 山本 僕らの地域では、あのピンク色の社屋に通っているというと、「すごいな」といわれる。あの建物をあの地域で知らない人は誰もいない。

 能作 そうでしょうね。うちもそうです。社員が「どこに勤めているの?」と訊かれて、「能作です」というと、「え、あの能作?」といわれるようになった。昔は考えられませんでしたが(笑)。

 山本 今日も新高岡駅から、タクシーの運転手さんに「能作さんへお願いします」といったら、なんの迷いもなく「はい」といって走りだしました。新高岡駅構内にも看板がありますし、駅を出たすぐそばのコンビニにも能作商品が陳列・販売されている。このあたりでは知らない人はいないのでしょうね。
 うちも超ローカルですが、京都の近鉄大久保駅周辺なら、みんなHILLTOPのことを知っている。
 年間12万人来る能作さんほど来ないけれど、年間2000人ぐらいは来る。

 能作 ぜひ一度、お邪魔させてください。続きは次回に。

能作克治

最終更新:1/26(日) 6:01
ダイヤモンド・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事