ここから本文です

台湾名物フードのおすすめ9選!台北3大夜市で食べたい絶品安うまグルメ

1/26(日) 6:01配信

ダイヤモンド・オンライン

 海外旅行ガイドブックの決定版『地球の歩き方』から、台湾のグルメ情報をお届けします。台湾のあちらこちらで毎晩開催され、縁日のようににぎやかな「夜市」。安くておいしい名物フードが揃う夜市の屋台料理は、あのミシュランガイドでも、コスパがよくて質の高い「ビブグルマン」に選ばれるほど☆台北を代表する3大夜市で食べたい、いまイチオシの絶品台湾グルメを、最新版『aruco台北』&『aruco台湾』の2冊からピックアップしてご紹介します!(文/aruco編集部、金子久美)

【台湾の安うまグルメや屋台の写真、全16点はこちら】

● そもそも夜市ってどんなところ?

 夜市とは、台湾各地で毎日開催されるナイトマーケットのこと。安くておいしいB級グルメ屋台のほか、プチプラ雑貨や洋服、アクセサリーなどの露店が並んでいます。射的などの楽しいゲームや占いなどの露店もズラリ。大人から子供まで、お祭りや縁日のような雰囲気を楽しめます。

 夜市は涼しくなる夕方頃からオープン。ピークは22:00頃で深夜まで大勢の人でにぎわいます。もともとは寺廟周辺にある参拝者向けの屋台街が夜市の始まりですが、普段の食事も安上がりな外食が一般的な台湾では、家族揃って夜市へ出かけ夕食を済ませることも珍しくありません。舌の肥えた地元っ子が行列を作る屋台は、安うまグルメの宝庫なのです。

 ●いざ夜市に行く前の準備&必需品は?
 夜市にはテーブルや椅子が用意されている屋台もなかにはありますが、基本は食べ歩きがメインのため、万一食べこぼしてもいい軽装がおすすめです。荷物は最小限にして、両手が空くショルダーバッグがベスト。持って行くと便利なアイテムは、ウエットティッシュ。屋台では当然おしぼりなどは出ないので、食べる前に手を拭いたり、食後に口を拭いたりできるウエットティッシュは夜市の必需品です。

 食べ切れなかった料理や食べた後のゴミを入れるビニール袋と夜市で買ったものを入れるエコバッグも持って行きましょう。また、屋台は現金で支払うのが基本のため、小銭を多めに用意しておきましょう。トイレはなかったり数が少なかったりするので、駅やコンビニなどで済ませてから、いざ屋台巡りへ! 念のため、ポケットティッシュもお忘れなく。

1/3ページ

最終更新:1/26(日) 6:01
ダイヤモンド・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ