ここから本文です

世田谷マダムに熱く支持されるフラワーレッスンに潜入したら、上質な暮らしが分かってきた

1/26(日) 5:20配信

東京カレンダー

世にあまたある習い事のなかでも、世田谷のそれは毎日の暮らしを豊かにする目的の教室が多い。

実用的なスキル向上のためにガツガツと通うのではなく、教室での時間はあくまで優雅。

そんな習い事の例となるフラワーアレンジメント教室のレッスンを覗いてみた。

花のある暮らしと楽しい会話を目当てにレッスンに集まる

フラワーアレンジメント教室『ボーテ・クルール』があるのは野毛の閑静な住宅街の一角。

世田谷の日常に溶け込むように建つ、大きな窓が配された一軒家がその教室だ。

先生はこの地に住んで10年、教室を始めて6年となる福川明子さん。

秘書として働いていた時にフラワーアレンジメントを始め、楽しんで続けているうちにいつしかセンスが開花。

7年前からはライフスタイル専門店『イルムスジャパン』にてブリザーブドフラワーの販売を開始。

いまでは店舗装飾やフラワーラッピングまで活躍は多岐にわたる。

レッスンは福川さんの自宅である瀟洒な一戸建てのリビングにて行われる。

ガラス張りの玄関ホールの吹き抜けから螺旋階段をのぼった場所にあるリビングは、生徒さん憧れのお洒落空間。

学べるのは、家のコーディネートを彩るブリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワー。

作りたいものを自由に選び、福川さんがアドバイスするスタイル。 品のいい生徒さんが集まり、新たな交流を広げている。

生徒さんは近隣の高級住宅街の奥さまが多く、みな花の魅力を知るのはもちろん、教室でのコミュニケーションを目当てに通っているという。

お喋りを楽しみながらお花を作り、完成した作品がインテリアの一部として家を明るくしてくれるのも喜びである。

洗練された福川さんの全身コーディネートも生徒さんの関心を集めている。

ここは、華美ではなく、上質なものをシンプルに身につけている人たちが集まる空間。

例えばバッグはナチュラルな色味。

靴は3cm以下のローヒールにして女性らしさや品のよさが漂うものが定番だ。

1/2ページ

最終更新:1/26(日) 5:20
東京カレンダー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事