ここから本文です

原因は自分にある。シングル『嗜好に関する世論調査』イベントでフレッシュな魅力アピール “究極の2択”コーナーも

1/27(月) 13:41配信

リアルサウンド

 スターダストプロモーションの新人若手俳優集団・EBiDANのニューカマー、原因は自分にある。の2ndシングル『嗜好に関する世論調査』リリースイベントが1月26日にダイバーシティ東京プラザ フェスティバル広場にて行われ、約1500人のファンが駆けつけた。原因は自分にある。は全国のEBiDAN研究生から選抜されたメンバーによる「BATTLE BOYS」から誕生したグループで、メンバーは大倉空人、小泉光咲、桜木雅哉、長野凌大、武藤潤、杢代和人、吉澤要人の7名。昨年10月に発売したデビューシングル曲「原因は自分にある。」は新ジャンルに挑戦した中毒性の高い楽曲で人気があり、今回の新シングル曲「嗜好に関する世論調査」もデビュー曲と同様、久下真音氏によるプロデュースで、世論に疑問を投げかけるように“二択”を歌う楽曲になっている。

 この日は、メンバーカラーを基調とした柄の衣装で登場したメンバー。1曲目「Joy to the world」から早速エネルギー全開のフレッシュなステージを届けた。ハイレベルなダンスパフォーマンスで観客を惹きつけると、2曲目の「ジュトゥブ」では可愛らしい雰囲気を演出し、ファンと共に盛り上がった。MCでは、メンバーの自己紹介で杢代が「リリースイベント楽しかった人!」「原因は自分にある。が好きな人!」と観客に問いかけ、いつもは続いて客席に「杢代和人が好きな人!」と聞くところを今回はメンバーに聞くと、それに対し杢代から左側に立つ5人のメンバーは誰も手を挙げず、杢代がしばらくメンバー達を見つめていた。しかし、唯一右側に立っていた吉澤は杢代に背を向けられながらも真っ直ぐに手を挙げ、振り返り気がついた杢代とハグをし、会場には黄色い声援が沸く。

 新シングル「嗜好に関する世論調査」のテーマにもなっている究極の2択の質問のコーナー企画では、「どちらか一つだけ完璧に磨かれるなら?(1)笑いのセンス(2)ファッションセンス」というテーマに対し、メンバーが回答した。笑いのセンスを選んだのは、小泉、桜木、長野、武藤、吉澤の5人、ファッションセンスを選んだのは大倉のみで、何故か杢代はどちらにも手を挙げないという展開に。笑いのセンスを選んだ理由について小泉が「芸能活動をしていくには一番大事だと思う」と真面目な回答をしたのに対し、ファッションセンスを選んだ大倉は「笑いはボケとツッコミありき。自分はグループだとツッコミの役割だから、(服の組み合わせのパターンを工夫したら)ファッション楽しめるかな、と思って!」と回答した。そしてどちらにも手を挙げなかった杢代だが、「ファッションセンスはM!LKの山中柔太朗くんの影響で服が好きだし、笑いのセンスは僕が喋ってて笑っているあなた(観客に向かって)……そういうことです!」と自信満々に回答した。

 続いて今回の新シングル「嗜好に関する世論調査」を披露。そして、ミディアムナンバーの「時速3km」では等身大のメッセージソングを個性溢れるメンバーひとり一人の歌唱で聴かせた。最後はデビュー曲「原因は自分にある。」を披露し、本イベントは終了。若さ溢れる魅力と、呼吸のあったダンスパフォーマンス、前衛的な楽曲が並存するステージは10代のアンバランスさと儚さを象徴しているかのようだった。また、原因は自分にある。ならではの現代感あるコンセプトはもちろん、安定した歌やダンスのスキルでこの日も多くの観客を沸かせるなど、これからの活躍や急成長は未知数であることを感じた。

momotoxic

最終更新:1/27(月) 13:41
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ