ここから本文です

第162回芥川賞受賞記念 古川真人『背高泡立草』東京・福岡でサイン会開催

1/27(月) 14:18配信

リアルサウンド

 第162回芥川龍之介賞を受賞した、『背高泡立草』(集英社)の著者・古川真人のサイン会が東京・福岡で行われることがわかった。東京は2月6日に紀伊國屋書店新宿本店で、福岡は2月11日ジュンク堂書店福岡店で行われる。

【写真】古川真人近影

■古川真人(ふるかわ・まこと)略歴
1988年福岡県福岡市生まれ。國學院大學文学部中退。2016年『縫わんばならん』で第48回新潮新人賞を受賞しデビュー、同作で第156回芥川賞候補に。2017年、第2作『四時過ぎの船』で第157回芥川賞候補、第31回三島由紀夫賞候補、2019年、第4作『ラッコの家』で第161回芥川賞候補。2020年、第5作『背高泡立草』で第162回芥川賞受賞。

リアルサウンド編集部

最終更新:1/27(月) 14:18
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事