ここから本文です

ジャニーズデビュー組「高齢化」の背景、“若さより熟練” の時代へ突入

1/27(月) 16:00配信

週刊女性PRIME

 オリコンでの初日売り上げが合計77万枚を突破するという、記録的な売り上げでデビューを飾ったジャニーズ事務所の、Snow ManとSixTONES。取り上げられるたびに話題になるのは、彼らの“ジャニーズJr.歴”についてが目立つ。

【写真】プラベ写真大流出のジャニーズ&謹慎メンバー

「特にSnow Manのオリジナルメンバーが、自分たちの入所時期やジャニーズJr.歴が長いことを自虐ネタにしています。デビュー13年目に入るHey! Say! JUMPのメンバーと同時期に入所した子もいるので、確かにデビューまで長かったですね。SixTONESも、『ザ少年倶楽部』(NHK)でSexy ZoneとKing & Princeと共演したとき入所順に並んでみると、デビューしている2組よりも入所の早いメンバーだらけで、微妙な感じになったこともあります」

 と、ジャニーズに詳しいある芸能記者は言う。

バレーデビュー組は10代ばかり

 デビュー日の時点で、Snow Manの深澤辰哉、佐久間大介、渡辺翔太が27歳、宮舘涼太、岩本照、阿部亮平が26歳。SixTONESでは高地優吾と京本大我が25歳。なかでも深澤は、5月が誕生日になるから28歳を目前にしてのデビューとなる。

「グループのデビュー時の平均年齢が、これまでのA.B.C-Z記録(24歳)を、Snow Man(24.6歳)が上回りました。個人での最年長デビュー記録も、A.B.C-Zの五関晃一くんの26歳7か月、続いてジャニーズWESTの中間淳太くんの26歳6か月を、Snow Manの深澤くんが更新したことになります」(同芸能記者)

 これまでジャニーズは、10代のフレッシュなタレントがデビューするという傾向が多かった。1995年にデビューしたV6の坂本昌行の24歳3か月という記録は、長らく破られていなかったが、2011年デビューのKis-My-Ft2北山宏光が25歳10か月でデビューして以降、25歳オーバーのデビューも珍しくなくなっていた。

「V6(19.1歳)、嵐(17.2歳)、NEWS(17.2歳)、Hey! Say! JUMP(15.6歳)、Sexy Zone(15歳)と、バレーボールワールドカップの開催に合わせてデビューする、いわゆる“バレーデビュー組”は、いずれも平均年齢が10代でデビューしていますね。最年少記録はマリウス葉くんの11歳7か月でした。いきなりJr.から抜擢(ばってき)されたメンバーも含まれていて、Jr.歴の長いグループとは対照的ですね」(同)

1/2ページ

最終更新:1/27(月) 21:51
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ