ここから本文です

寒~い日は熱々の石焼きグルメが食べたい!体の芯から温まるグルメ5選

1/27(月) 5:20配信

東京カレンダー

寒い冬に毎日でも恋しくなるのが、熱々のグルメ。そんな熱々グルメの中でも、今回は「石焼き」に注目!

石焼きで仕上げることで美味しさがさらにアップする、この冬絶対食べたい料理をご紹介。

ただ者ではない!石焼親子丼『輝々 麻布』

麻布にある産地直送和創料理店『輝々 麻布』。

同店で注目したいのはランチで提供されている「奥久慈卵を使用した東京軍鶏の石焼親子丼」。この親子丼ただ者ではない!

濃厚な東京軍鶏のガラ出汁と、奥久慈卵という最強コンビに、石焼きという変化球がプラスされた、最強の親子丼なのだ。

普通の親子丼にはない深い味わいを楽しめる同メニュー。

その深みの正体は、東京軍鶏のガラと香味野菜を12時間煮込んで作る出汁。だた、これだけでは終わらない。

この出汁をベースに、薄口醤油、みりん、酒を入れて沸いたところに鰹節を入れて完成させ、鶏と鰹のダブルスープを作り出す。

そんな贅沢なスープに東京軍鶏を入れ、卵でとじたのがこちらの親子丼なのである。

石焼きすることを考え、炊きたてごはんに無塩バターを絡めているのもポイント。敢えて塩はふらず、アクセントに胡椒のみを加えたのも料理長のこだわりだ。

決してタレの味わいを邪魔することなく、後にふんわりと残るバターの香りが食欲を刺激してくれる。

また「奥久慈卵を使用した東京軍鶏の石焼親子丼」と「奥久慈卵を使用した東京軍鶏の石焼キーマカレー丼」のみに付く「特製白湯スープ」にも注目。

この「特製白湯スープ」は、それぞれの丼の味の決め手となっている鶏ガラスープを使用して作られたもの。

濃厚な味わいを堪能すれば、如何に同メニューが贅沢な逸品か、感じることができるだろう。

元は料亭で働いていたという女将と、若女将の行き届いたサービスも魅力の『輝々 麻布』。

個室も備え、デートだけでなく会食や接待での利用もおすすめ。ランチだけでなくディナーでも訪れたくなるスポットだ。

ニンニクの香ばしさが食欲を刺激する石焼ランチ 『焼肉 USHIDOKI TOKYO』

『焼肉 USHIDOKI TOKYO』は、お肉に並々ならぬこだわりアリ。

熟練の料理人が、日ごとに産地や銘柄などを吟味して仕入れ。熟成度やカットの仕方まで緻密に計算され、最高に美味しい状態で提供されるという。

1/3ページ

最終更新:1/27(月) 5:20
東京カレンダー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ