ここから本文です

マヨとカツオ節が香ばしいこんがりちくわ。お弁当のすきまにも

1/28(火) 20:50配信

ESSE-online

ほどよい塩気とうま味で使い勝手のいい「ちくわ」。ですが、少しだけ余っちゃうなんてことはありませんか? 今回はそんなときにも活躍する、ちくわの簡単おつまみレシピを料理家のぐっち夫婦に教えてもらいました。

ちくわも食べごたえアップ!冷凍すると便利な加工食品

おつまみにもお弁当にも使える簡単「ちくわ」レシピ

炒め物に使ったり、冬はおでんに入れたり。そのまま生で食べることもできるちくわは重宝する食材ですよね。

今回は、少しだけちくわが余っているときにもぴったりの超簡単おつまみをご紹介。家にある材料でつくれるので、思い立ったらすぐにできちゃいます。

かつお節の代わりに青のりを使用したり、チーズをのせて焼いたりしてもおいしい! おつまみ用に1袋買いたくなるかも?

●「ちくわとマヨカツオの香ばし焼き」

【材料(2人分)】
・ちくわ 4本
・マヨネーズ 大さじ3
・カツオ節 1/2袋(2gほど)
・刻みのり 適量

【つくり方】

(1) ちくわは縦半分に切る。

(2) マヨネーズとカツオ節を混ぜ合わせる。

(3) ちくわの溝に、(2)を塗る。

(4) トースターでこんがりと焼く。

(5) 皿に盛り、刻みのりをのせる。

[1人前 203kcal]
出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2017年

【栄養士コメント】
魚のすり身が主な材料のちくわは、良質なタンパク質が豊富で脂質が少なく、食べ応えもあるのでダイエットにもうれしい食品ですね。

●教えてくれた人
【ぐっち夫婦】
TATSUYA、SHINOからなる夫婦料理家ユニット。共働き夫婦で料理家、SHINOは栄養士の資格ももつ。ホームページ「ぐっち夫婦の今日なにたべよう?」で日々の料理が楽しくおいしくなるアイデアを発信している。著書に『夜食以上、夕食未満。野菜多めで罪悪感なし 遅く帰った日の晩ごはん』がある。

最終更新:1/28(火) 20:50
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ