ここから本文です

畜産業界における抗生物質の乱用が、世界で「耐性菌の脅威」を生んでいる

1/28(火) 12:14配信

WIRED.jp

家畜の病気を防ぐための抗生物質が、その効果を世界中で失っている。細菌が耐性をもつようになってきているのだ。

抗生物質は「国家のインフラ」として開発せよ

そして新たな研究によると、この大問題は、耐性菌が人間にもたらす危険のほうが長らく注目されていたことによって、隠されていたのだという。

注目されてこなかった、家畜への影響

家畜業界における耐性菌の増加の傾向は、二重の危険をはらんでいる。まず長期的に見ると、このような耐性菌が人に感染することで、治療も拡散の抑制もしにくい伝染病が発生する可能性がある。一方、食肉業界では、すでに抗生物質の常用によって農家での家畜の育成や獣医療の能力が低下する事態が起こっている。

ただし、この問題は全世界的なものではない。家畜における抗生物質への耐性菌の問題が深刻な場所は、中国やインド、ブラジル、トルコ、イラン、ケニア、そして一部の新興国だ。これらは食用肉の需要増によって、大規模畜産が急増している地域にあたる。

以上の事実は、『サイエンス』誌に9月20日付で発表された研究で明らかになったことだ。この研究は複数の国の研究者からなるチームが、2000年から18年までに発表された900件以上の研究を4年かけて分析し、まとめたものである。

研究によると、開発途上国で最も重要な肉畜であるブタやニワトリから採取された全細菌のうち、治療薬の多くが無効になった細菌の割合は、2000年から18年にかけて3倍に増えたという。

「人体で見つかる抗生物質への耐性については誰もが口にしますが、家畜で見つかる抗生物質耐性菌について語ってきた人はいません」と、研究論文の上席著者でワシントンD.C.にある疾病動態経済政策センター(CDDEP)のセンター長、ラマナン・ラクスミナラヤンは言う。「しかし、地球上には人間よりもはるかに多くの家畜がいて、発展途上国の生活に欠かせない存在になっています。病気の家畜たちを治療できなければ、世界の貧困に非常に大きな影響を与えることになるのです」

1/3ページ

最終更新:1/28(火) 12:14
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事