ここから本文です

3千万人超の日本人が睡眠時無呼吸症候群、放置していると…

1/28(火) 13:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

「眠っていはいけない会議でついついウトウトしてしまう」「眠くて仕事に集中できない」「疲れがなかなかとれない」などと、睡眠不足で悩む人は多いもの。しかし、その睡眠があらゆる循環器疾患の引き金となり、最悪の場合、命を落とす危険があります。本連載では、睡眠と循環器疾患の関係、そして睡眠を劇的に改善する生活習慣と治療法を解説していきます。※本連載は『その睡眠が寿命を縮める』(幻冬舎MC)の内容を一部抜粋・改編したものです。

無自覚に溜まる「睡眠負債」のリスクとは?

仕事や育児などで忙しく過ごしていると、つい睡眠時間を削ってしまい、慢性的な睡眠不足に陥りがちです。

厚生労働省が実施した平成29年「国民健康・栄養調査」でも、1日の平均睡眠時間が6時間未満の割合は20歳以上に限ると約40%、つまり4割の人は睡眠が足りていないことが分かっています。同調査で「睡眠で休養が十分にとれていない」と答える人も、ここ数年で右肩上がりに増えています。

睡眠不足の状態が続くと、がん、糖尿病、心臓病、認知症など、さまざまな病気を引き起こすことは多くの研究で明らかにされています。自治医科大学が行った研究では、睡眠時間が6時間以下の人は、7~8時間の人より死亡率が2.4倍も高くなると報告されているほどです。

ところが、普段6~7時間の睡眠をとっていて、自分では十分に眠っていると思っている人でも、実はわずかに足りておらず、そのわずかな睡眠不足が借金のように溜まっていることが、近年の研究で分かってきました。

この睡眠不足の蓄積を「睡眠負債」と呼び、命に関わる病気のリスクを高めていることも判明しました。

通常は、睡眠が不足すると日中に眠気を感じるなどして睡眠が足りていないことを自覚するものです。しかし、睡眠負債の場合は、本人に睡眠不足の自覚がないのです。そのため、自分は健康だと思っており、なにも改善することなく同じような生活を続けています。

それが、やがて体の不調として現れ、気づいたときには命に関わる重大な病気となって牙をむくようになります。

このような危険をはらんでいることから、「睡眠負債の解消こそが健康長寿には欠かせない」と研究者が指摘するほど問題は深刻になっているのです。つまり、睡眠負債は寿命にも大きく影響を与えているということです。

1/4ページ

最終更新:1/28(火) 13:00
幻冬舎ゴールドオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ