ここから本文です

ただ今、Yahoo!ニュース 個人が表示されにくい不具合が発生しております。復旧まで今しばらくお待ちください。

クイーン+アダム・ランバート来日公演 あらゆる世代のファンを魅了した「伝説の続き」

1/28(火) 12:10配信

Rolling Stone Japan

2016年の武道館以来となる、クイーン+アダム・ランバートの来日公演が1月25日よりスタート。先頃発売されたクイーン・オフィシャル・ブック『QUEEN in JAPAN』の編集も手掛けた、元MUSIC LIFEの赤尾美香によるツアー2日目の1月26日・さいたまスーパーアリーナ公演のレポートをお届けする(※ライヴ写真は初日のもの)。

写真9点|クイーン+アダム・ランバート来日公演 あらゆる世代のファンを魅了した「伝説の続き」

「みなさんはフレディのファンでしょ? 僕もフレディのファン。ファン同士、今日は一緒に、フレディとクイーンを祝福しましょう!!」── アダム・ランバートがライヴ序盤に発したこの言葉が、いつまでもあたたかく胸の奥に居座り続けた。そんなライヴだった。

まさに老若男女入り混じった観客。私の隣は若いお嬢さん2人組だし、通路を挟んだ先には、私が初めてクイーンを聴いた年頃(小学校高学年)と思しき少女がお母さんと笑顔で開演を待っている。かと思えば、かなり年季の入ったクイーンTシャツを着た年配男性もいるし、もちろん、かつて黄色い声で彼らを熱狂的に応援した元少女もたくさん。クイーン+アダム・ランバートとしては3年4カ月ぶり3度目、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の爆発的ヒット後初となる来日公演は、かくも幅広いファンを集めて開催された。

客電が消えたのは定刻の17時を10分過ぎた頃、そしてそこから軽く2時間を超えて私は彼らのパフォーマンスを大いに楽しんだ。バンドは、ブライアン・メイ(Gt)、ロジャー・テイラー(Dr)、アダム・ランバート(Vo)に、お馴染みスパイク・エドニー(Key)、ニール・フェアクロー(Ba)、タイラー・ウォーレン(Per,Dr)という編成。

SEの「イニュエンドウ」に導かれるようにして聞こえてきたのは、「ナウ・アイム・ヒア」だ。ステージ中央の高い所に一人立ったアダムの姿を認めると場内が大きく沸いた。「輝ける七つの海」、「炎のロックン・ロール」と初期の曲が続き、ここでもう70年代からのファンの心は鷲掴みにされたはず。続く「ハマー・トゥ・フォール」では、あのライヴ・エイドのシーンを思い浮かべた人もいただろう。「キラー・クイーン」では、アダムが赤い扇子を片手に艶っぽい歌唱を聴かせる。一転、曲調に合わせてスクリーンに動きのある映像が映し出されスピード感を演出した「ドント・ストップ・ミー・ナウ」の後には、「サムバディ・トゥ・ラヴ」での大合唱が会場をひとつにまとめ上げる。次々に繰り出される“よく知った曲”に場内の興奮は上がりっぱなし。

1/3ページ

最終更新:1/28(火) 12:10
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事