ここから本文です

僕はADHDで良かった…47歳漫画家が語る発達障害との付き合い方

1/28(火) 11:01配信

デイリー新潮

「発達障害」には暗く後ろ向きなイメージがつきまといがちだ。世間を震撼させた事件の加害者が、発達障害だったと取り沙汰されることも少なくない。ならば、当事者は自身の障害をどのように捉えているのだろうか。先頃、自身の体験をまとめたコミックエッセイ『47歳漫画家 ADHDと仲良く暮らしています。』(ビジネス社)を出版した漫画家の松田望氏に話を聞いた。

 ***

「2010年、37歳のときに医師からADHD(注意欠陥・多動性障害)と診断を受けました。症状の重さは中度だそうです。重度になると、身体を揺すり続けて止まらなかったり、一方的に話続けて会話が成立しなかったりする人もいるそうです。自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群)の人はADHDを併発していることが多く、対人コミュニケーションの難しさは非常に似ています」

 と、語る松田氏。第一印象からは、発達障害の当事者である様子はうかがえない。

 松田氏によれば、ADHDにはざっくりと「不注意」「多動性」「衝動性」の3種類の症状があるという。ご本人はなかでも、集中力のコントロールが難しい不注意優勢型だという。

「短期的な記憶が苦手で、スマホや家の鍵をなくすことは日常茶飯事です。そして、逆に集中し過ぎると便意を忘れてしまうので、ウンコを漏らすこともあります。ミスも多く、最近の話でいうと、『年賀状』がとても大変でした。まず、ハガキを買いにコンビニに行ったのですが、クレジットカードしか持っておらず、使えないお店だったので買えませんでした。そこで一旦帰宅し財布を持って再度コンビニに行ったものの、今度は財布の中にお金を入れるのを忘れていた。三度目の正直、満を持して札入れをカバンに入れてコンビニへ向かったのですが、突然、途中にある公園で写真を撮ろうと思い付いた。写真をパシャパシャ撮っているうちに目的を忘れ、そのまま帰宅してしまいました。年賀状を買えたのは、4回目のことでした。不注意優勢型の僕の日常は、いつもこんな感じですね」

 これでは、ADHDに翻弄される日常は苦労が多いように思う。しかし、一方で、松田氏はADHDから“恩恵”も受けていると強調する。

「たしかに苦労もありますが、ADHDの特性が僕にとってはプラスに働くことも多いです。眼前の作業にだけ集中力を合わせることができれば、“過集中”が可能となります。例えば、漫画を描いていると、その主人公に自分がなりきり追体験できるんです。食事や睡眠、便意ですら忘れ、作業に没頭してしまいます。僕の絵の技術もこのような部分からきているかもしれません。漫画家という仕事を続けることができるのも、ADHDだからかもしれませんね。また、感覚から入る情報量が多いので、近所の散歩も僕にとっては冒険です。見えるもの聞こえるもの、匂いや触覚、全てが新鮮で楽しいですから。僕自身はADHDでよかったと思います」

1/2ページ

最終更新:1/28(火) 14:14
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ