ここから本文です

出でよ、大型サード!【大島康徳の負くっか魂!!】

1/29(水) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

息子の言葉に学ぶ

長嶋さんのようにチームの顔と言えるサードがドンドン出てきてほしいです

 いやあ、ちかれた~!

 新宿南口をナオミさん(愛しの妻です)に引っ張り回されました。久しぶりに歩く新宿は変化が激しくてびっくりです。

 東急ハンズにも初めて足を踏み入れました。ほとんど縁のない場所なので、ナオミさんについて歩くだけです。事務用品やら記念品の写真を飾るフレームやらアートやら……いろいろ見ながら、ああでもない、こうでもない、と……。聞けば、長男とは隅々まで見て歩くことがあるそうです。

 クタクタになって帰って、長男に「今日は疲れたぞ。お前たちはあそこで延々時間をつぶせるのか」と聞いたら「半日は楽々ね」と言うので、「これからはお前が付き合ってやれ。俺はもうごめんだ」と、つい強い口調で言ってしまいました。

 すると、

「あのね、“付き合ってやってる”って思うからつまらないんだよ。そうじゃなくて自分も楽しもうとしなくちゃ。一緒に楽しみを見つければ会話だって楽しくなるでしょ」

 それを聞いて怒った? いえ、まったく。僕は短気ではありますが、納得さえすれば素直に聞きます。このときも「なるほど」と、わが息子の話ながら感心していました。

 一緒に何かをするから共通の楽しみや喜びが生まれる。それは野球や仕事では何度も感じていたことですが、日常でも家族の間でもまったく同じなんですね。

 たぶん、家族の中で、そういった僕の足りないところを埋め、つないでいてくれたのが祭(=トイプードル)だったんだとあらためて思いました。

 祭の話になったので、ブログ(ズバリ! 大島くん)に書いたことを少し繰り返します。

 祭を迎え入れるとき、一番悩んだのはナオミさんでした。必ずやって来る悲しいお別れを思い、ためらっていたのです。

 それでも運命的なものを感じ、家族に迎え入れようと決めたとき、僕らは“人生最後の犬にしよう!”とも決めました。動物を飼うなら愛情たっぷり大切に育て、最後の最後まで自分たち自身で面倒をみたい。でも、それができるのは、僕らの年齢から考えると、祭が最後だと考えたからです。

 だからこそ、後悔のないよう精いっぱいの愛情を祭に注いできたつもりです。思い残すことはありません。悲しみや寂しさは、ずっと残るでしょうが、心の中の祭を愛しながら、祭がくれたたくさんの幸せを抱き締めながら生きていこうと思います。

 若い人には、寂しい話に聞こえるかもしれませんが、人も動物も命には限りがあり、それはそれで、どうしようもないことなのです……。

 では、話はガラリと変わります。前回のバッテリーに続き、大島が2020年で期待する内野手について書いていきましょう!

 まず、一塁手はヤクルトの村上宗隆です。昨年は19歳で36本塁打と大活躍しました。サードなどもやっていますし、それはそれでいいと思いますが・・・ 本文:2,692文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:1/29(水) 16:32
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo! JAPAN 特設ページ