ここから本文です

なぜコビーはヘリコプターに乗っていたのか…墜落事故の同乗者や、現地での様子は

1/29(水) 18:23配信

THE DIGEST

  2020年1月26日、41歳の若さで突如この世を去ったロサンゼルス・レイカーズのレジェンド、コビー・ブライアントのヘリコプター墜落事故について、現在原因の調査が進められている。 

【PHOTO】写真で振り返る“ミスター・レイカー”コビーのキャリア

 国家運輸安全委員会によると、調査はまだ初期段階であるそうだが、事故から3日半が経過した1月29日午後3時(日本時間)の時点で、アメリカのメディア各社が報じた最新の情報を元に、事故の詳細および事故当日の状況とその後の経過、そしてコビーとヘリコプターの関係性についてまとめた。

 1月26日午前、コビーのプライベート・ヘリコプター、シコルスキーS-76B(1991年製、登録番号N72EX)は、コビーの自宅のあるカリフォルニア州オレンジ郡ニューポートビーチ近くのジョン・ウェイン空港から、彼が共同でニューベリーパークに創設した“マンバ・スポーツアカデミー”に一番近いキャマリロ空港へ向かう予定になっていた。その日マンバ・スポーツアカデミーでは、子どものバスケットボール・トーナメント大会の開催が予定されており、コビーは娘のチームのコーチも務めていた。

 使用するヘリコプターは、コビーが長年チャーターし、ジョン・ウェイン空港に駐機している機体だった。シコルスキーS-76Bは、アメリカで1923年に設立されたヘリコプター製造会社、シコルスキー・エアクラフト・コーポレーションによって製造され、非常に高い安全性と信頼性を誇り、エリザベス女王をはじめとする世界中のVIPや企業幹部、医療現場でも多く使用されている。
 
 太平洋に面したニューポートビーチは、ロサンゼルスの南東約60㎞、アナハイムの南に位置し、セレブリティーや富裕層が多く住むことで知られる全米有数の高級住宅地。そこからロサンゼルスのダウンタウンまでは、道が空いていれば車で1時間かからないが、悪名高い渋滞に巻き込まれると2時間を要する。

 それを回避するため、コビーはプライベート・ヘリコプターを頻繁に利用していた。また2012年には、ケガをしたチームメイトのスティーブ・ブレイクを、車では医者との面会時間に間に合いそうになかったため、ヘリコプターに乗せて連れて行ったこともあった。

 2010年に『GQ』誌のストーリーでコビーが語ったところによると、そのシーズンはすべてのホームゲームをヘリコプターで通勤していたという。コビーのヘリコプター利用について、そのストーリーは次のように描写している。

「Hollywoodの看板を遠くにぼんやりと眺めながらの素晴らしい疾走は、ショービジネス界の人たちにとって成功者の証でもある。『見た目はセクシーだが、ヘリコプターは単に身体を維持管理するための道具のひとつに過ぎない』、そうコビーは語る。彼にとって、ヘリコプターはトレーニング用のウェイトやウィールプールバス(ジェットバス)、オーダーメイドのナイキのシューズと何ら違いはない。
 

1/4ページ

最終更新:1/29(水) 20:50
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ