ここから本文です

担当者自殺の「ランボルギーニ未譲渡問題」告発ホストと関係者が明かす全内幕

1/29(水) 20:00配信

週刊女性PRIME

「突然すぎて……。今は何も考えられません」

 憔悴した表情でこう語るのは、ホストの一(はじめ)陸斗(りくと)氏。彼は、'19年1月~3月にかけてTOKYO MXテレビで放送された『欲望の塊』というバラエティー番組の参加者のひとりだった。

【写真】T社長との緊迫のLINEやり取りや見せられた車検証、“自分は関係ない”とキャンプするS社長

「『欲望の塊』は16人のホストの方たちが優勝商品のランボルギーニを巡りゲーム対決をする深夜番組でした。極楽とんぼの山本圭壱さんが、芸能界復帰後初の地上波MCとして出演していましたよ」(テレビ局関係者)

 優勝した陸斗氏が受け取るはずのランボルギーニは、番組のスポンサーだった広告代理店の『P-style』から渡される約束だったが、いっこうに渡されず1年が過ぎる。陸斗氏は事態の解決のため1月15日にSNS上での告発を行った。

《地上波のテレビ番組で詐欺にあいました。皆から2000万近く集め音信不通です》

 この書き込みはたちまち拡散し、騒動は表面化。TOKYO MXは、1月21日にこの騒動に対して責任を認め謝罪を表明した。

 しかし、この告発が思わぬ結果を招いてしまう。1月24日、『P-style』の社長が福岡市内で遺体となって発見される。現場には“ご迷惑をおかけしました”と遺書らしきものが残されており、自殺を図ったとみられる。

ホストの参加費150万円も、番組の稚拙さに驚き

 最悪の結果を迎えてしまったこの騒動。渦中の陸斗氏が一連の経緯を振り返った。

「『P-style』はホストの広告を扱うフリーペーパーを発行している会社なんですが、その方から“地上波の番組に出てみないか?”とオファーがあったんです。参加費が150万円必要でしたが、地上波に出ればお店の宣伝になりますし、優勝すれば2000万円相当のランボルギーニがもらえると言われ、参加を決めました」(陸斗さん、以下同)

 オファーを受けたのは、ほかにも理由がある。

「番組には “ピコ太郎やおばたのお兄さん、音楽グループのレペゼン地球も出る”と言っていましたね。有名人が出るというので信用してしまったんです」

 参加を決意し、150万円を払い込んだ陸斗氏。しかし、撮影がスタートすると、その稚拙さに驚いたという。

「毎回ゲーム対決するのですが、ポイントの計算や勝敗の付け方がいい加減でしたね。テロップも誤字脱字があって、段取りも企画も適当。番組の動画はYouTubeにアップされていましたが、全然再生されませんでした」

1/3ページ

最終更新:1/30(木) 8:18
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事