ここから本文です

アーセナルが南米王者からCBパブロ・マリを獲得! アルテタ監督が見込んだレフティーの可能性は?

1/30(木) 5:32配信

SOCCER DIGEST Web

アルテタ政権が誕生して第1号の新戦力

 現地時間1月29日、アーセナルが南米王者フラメンゴからレフティーのスペイン人CBパブロ・マリを獲得したと正式に発表した。

【PHOTO】2020年冬の移籍市場で新天地を求めたビッグネームたち

 買い取りオプション付きのレンタル契約(20年6月まで)で、アーセナルがオプションを行使した場合の買い取り金額は500万ユーロ(約6億2500万円)と現地メディアは報じている。

 昨年12月にウナイ・エメリの後を継いで監督に就任したミケル・アルテタにとっては、アーセナルを率いて最初に獲得した新戦力。既存戦力のCBは全員が右利きだっただけに、貴重なレギュラー候補だ。

 現在26歳のマブロ・マリは、マジョルカの下部組織出身。そこからスペイン2部(当時)のヒムナスティックでプレーした後、16年8月にマンチェスター・シティに渡ったものの、加入後すぐにスペインのジローナに1年の期限付きで武者修行に出され、以降もオランダのNAC、スペインのデポルティボとレンタル移籍を繰り返していた。

 転機となったのは、19年7月のフラメンゴ移籍。ブラジルの名門でレギュラーに定着すると、19年シーズンのコパ・リベルタドーレス制覇、さらにはカンピオナット・ブラジレイロ(ブラジル全国リーグ)優勝に貢献するなど活躍し、一気に株を上げた。

 身長193センチ・87キロという恵まれた体格を誇り、空中戦の強さはブラジルで証明済み。スピードは平均レベルながら、フィジカルコンタクトに強く、鋭いタックルや読みを活かしたインターセプトでボール奪取を狙うアグレッシブな守備に定評がある。

 足下のスキルも十分以上で、左足から放つ正確なフィードでパスの出し手にもなれるだけに、攻撃サッカーを標榜するアルテタのチームでも即戦力としての働きが期待できるだろう。

 守備に少なくない課題を抱えるアーセナルで、最終ラインの新たな主軸となれるか。まずはダビド・ルイス、ソクラティス・パパスタソプーロス、スコドラン・ムスタフィ、ロブ・ホールディングといった既存メンバーとの熾烈な定位置争いを勝ち抜かなければならない。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

最終更新:1/30(木) 5:32
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事