ここから本文です

チャンネル登録70万超のユーチューバー格闘家・朝倉未来の半生「あの頃は、本当に死んでもいいと思っていた」

1/30(木) 6:20配信

週プレNEWS

少年時代はケンカに明け暮れ、暴走族の副総長になり、少年院に収容されたことも。ニックネームは"路上の伝説"。今、最も注目される総合格闘家、朝倉未来(みくる)のことだ。

【画像】インタビュー中の朝倉未来

現在27歳の朝倉は、対戦相手への徹底的な分析と、それに基づく緻密な作戦で、RIZINで6連勝中。その明晰な頭脳にも注目が集まっている。同時に、彼はチャンネル登録者数70万超のユーチューバーでもある。今までにいなかったタイプの格闘家、朝倉未来とは何者なのか?

***

――今日の取材のために、朝倉選手のYouTubeチャンネルの動画(約80本)を全部見てきました。

朝倉 ホントですか? ありがとうございます。

――2019年5月にチャンネルを開設すると、「喧嘩自慢をスパーリングに誘ってみた」「ぼったくりバーに潜入してみた」などの刺激的なラインナップで話題を呼び、今やチャンネル登録者数は70万超え。今日はYouTubeで公開された話を掘り下げる部分も出てくるかと思いますけど、そもそもなぜ、ユーチューバーになろうと思ったんですか?

朝倉 YouTubeは2年ほど前からやりたいと思っていたんです。僕は子供の頃から自由を追い求めていて、学校の先生や親に「これをやれ」って命令されるのが好きじゃなかった。自分のやりたいことを責任持ってやっていきたいと考えていたので、ユーチューバーという職業は理想に近かったんです。

YouTubeは、自分たちで考えたことを実現したら、それがすぐに再生回数などの数字に出て、お金に変わっていくのが目に見える。理想的な稼ぎ方だったので、本当はもっと早くやりたかったんです。でも、格闘家としての実績がないままで始めたら中途半端になると思っていた中で、ルイス・グスタボ(ブラジル)戦があったんですね。

――昨年4月でしたね。

朝倉 グスタボはそれまで9戦無敗で実績のある選手だったから、彼に勝ったら自分の実績も認められるだろうし、YouTubeで格闘技を広めることもできると考えて始めたんです。

――当初、一緒に動画を制作しているスタッフの方は「チャンネル登録者は10万人も行かない」と思っていたのに、蓋を開ければわずか3ヵ月で格闘技界ではナンバーワンの20万人に。これは予想していましたか?

朝倉 ここまで早いとは思っていませんでしたけど、YouTubeに関してはすごく研究したし勉強もしたんです。だから自信はありました。

格闘家では僕より先に矢地(祐介)くんや堀口(恭司)くんがやっていたんですけど、まずは彼らの登録者数を抜かそうと。10万人を超えたときには格闘家の中では一番になっていたので、その後は亀田兄弟のお父さん(亀田史郎氏)が17万人だったかな......次はそこだとか。どんどん目標を上げていって、20万人を超えたときに格闘技界では日本一になれたので、次は50万人だと。今の目標は、開設1周年までに100万人です。

1/4ページ

最終更新:2/1(土) 8:09
週プレNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ