ここから本文です

元榮太一郎「僕の勝ち方」(1)弁護士ドットコムを起業

2/1(土) 16:30配信

SmartFLASH

●きっかけはネットサーフィンと過去のトラウマ…事業アイデアに奮起

 それから元榮氏は、起業家についての情報収集を始める。

「起業家のインタビューを読みあさるうちに気がついたのは、有名な起業家たちには、自分の得意分野で『あったらいいな』を実現しているということ。それから、『法律や弁護士業と、何かのかけ合わせができないか』と、思索するようになりました。

 一方で当時はブロードバンドが急速に普及し始め、『Yahoo! BB』が街頭でモデムを無料配布をしていたころ。『ネットが劇的に速く大容量になって、すぐに高速通信の時代がくる。インターネットが社会の隅々まで行き渡るぞ』と確信しました。

 楽天の三木谷(浩史)社長はじめ多くの経営者たちが、マスコミに盛んに取り上げられ、『IT寵児』として存在感を放っていらしたこともあって、『法律とITをかけ合わせよう』と思うようになりました」

 そうして “心の起業準備” をしながら、1年ほど過ごした2004年の10月、事業のアイデアにたどりつく。

「ネットサーフィンをしていて、たまたま『引越し比較.com』というサイトを見つけたんです。『価格.com』のように 商品を比較するサイトは知っていましたが、そこで『そうか、“サービス” も比較できるんだ』と気がついた。いま考えると当たり前のことなんですが(笑)」

 そのとき、元榮氏の脳裏に、かつての体験がよぎった。

「大学2年のときに、車で物損事故を起こしてしまったことが、フラッシュバックしてきました。結果的に僕は、弁護士会の法律相談にたどり着き、事態を丸く収めることができましたが、相談に行く前はどうしていいかわからず、ふさぎ込んでしまった時期があった。それで、こう思ったんです。

『もしあのときの自分が現代にいたら、何かないかとネットで必死に解決の手がかりを探しているはずだ。あのときの自分みたいな人は、きっと今もいるから、そういう場所があったらメチャクチャ便利だな。弁護士業務を探せるサイトを作って、困っている人と弁護士をつなげよう』

 でも、“自分が思いついたものは、大抵ほかの人がやっている” というのが世の常です。ひとまず冷静になって検索してみると……なかったんですよ(笑)。それで、『これは社会を変える可能性のある、大チャンスだ!』とワクワク感が止まらなくなって。その1週間後、事務所に辞表を提出しました」

 企業法務家としてのエリート街道から外れる決意をした元榮氏だが、事務所を辞めるのもひと苦労だった。

「2004年当時の弁護士業界は、まだリーマン・ショック前で空前の好景気でした。最大手のひとつだったアンダーソン毛利には、事務所を辞める人など、まずひとりもいません。

 そのうえ弁護士業は、“一生涯まっとうする” のが当たり前。わざわざ弁護士業とは別に起業をする人なんて、業界全体を見渡しても皆無に等しかった。『起業するために辞める』なんて言ったら、頭がおかしくなったと思われる時代でした。

 ですから、アンダーソン毛利には、『ひとりで弁護士として独立して自分を試してみたい』と伝えました。ありがたいことに、同期からは『まったく理解できない。辞めちゃダメだ』と引き止めてもらい、上長からも『考え直せ』と慰留していただきました。でも、いくら考えても、思いついた事業をやりたくて仕方がなかったんです」

2/4ページ

最終更新:2/3(月) 14:40
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事