ここから本文です

常連客の熱い想いで復活!老若男女に愛される桜新町の定食屋は、満足度がすごかった!

2/2(日) 5:20配信

東京カレンダー

今回、グルメ通ミュージシャン・小宮山雄飛さんが紹介する世田谷の一軒は、ホッとする家庭の味で、地元民たちに愛される定食屋!

一度は立ち退きのため閉店するも、クラウドファンディングで、待望の復活を遂げたのだという。

お腹を空かせきって挑みたい、絶品定食の魅力に迫る。

お腹も心も満足させる夢の定食がここに『きさらぎ亭』の「トリオ定食」

学生時代を過ごした世田谷は、雄飛さんのテリトリーのひとつ。今回は、幅広い世代に愛される定食屋さんを紹介してくれた。

店の前にできる長い行列や、ご近所である日体大や農大の学生たちが大盛りを嬉しそうに頬張る姿が見られる、そんな活気溢れる雰囲気が好きだとか。

「子どもも大人も誰もが好きなメニューがそろうし、ほっとする味で落ち着きます。2年前に閉店してからずっと、また食べたいな~と気になっていて。復活したと知り本当に嬉しかった」。

常連客たちに支えられた復活劇は、間違いなく店が愛されている証拠。

「トリオ定食は、コロッケ、エビフライ、ハンバーグという欲張り感が最高!」。

小さい頃から、先代の父を手伝いながら料理を覚え、その味を守り続ける二代目は「とくに普通ですよ」と遠慮がちに言う。

でもエビフライひとつにしても、正しくはエビクリームフライといい、ホワイトソースをエビにまとわせて揚げた、他では味わえない逸品だ。

家族で営むこの店は、現在昼は二代目である娘、夜は母、と担当制。「何度食べても飽きない家庭の味を、満足いくまで食べて欲しい」という願いとともに、先代の父の味を守っている

毎朝仕込む、にんじんドレッシング、マヨネーズやソースも、すべて自家製というこだわりよう

「定食に納豆や切り干し大根などの一品を追加するのもいい。新メニューのもつ煮込みカレーとビールなんてのも至福の組み合わせだね」。

何度でも足を運びたいラインナップと、飽きない味がここにはある。世田谷ローカルの毎日に優しく寄りそう一軒だ。

温かい雰囲気のある店内。こじんまりとした空気が居心地良い

先代の小山さんが桜新町に店を構えて、40年。幅広い層に人気を博したが、立ち退きのため閉店。店を愛する常連たちがクラウドファンディングで再開を支え、2018年2月に復活を遂げたというドラマがある

東京カレンダー株式会社

最終更新:2/2(日) 5:20
東京カレンダー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事