ここから本文です

欧州サッカー、冬の主要移籍まとめ(2)。南野拓実が世界王者の一員に! エリクセンはセリエA初上陸

2/4(火) 7:12配信

フットボールチャンネル

 1月31日をもって、欧州冬の移籍市場が閉幕することとなった。今冬も何名かの大物選手が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを紹介していく。今回はこの5人(移籍金は『transfermarkt』を参照)。

ザルツブルクから世界王者へ

FW:南野拓実(日本代表)
生年月日:1995年1月16日(25歳)
今季リーグ戦成績:14試合出場/5得点6アシスト(ザルツブルク)
移籍先:ザルツブルク→リバプール(移籍金:約10億円)

 セレッソ大阪でプロデビューを果たし、2015年より活躍の場をオーストリアに移した日本代表FW。ザルツブルクでは加入から間もなくして攻撃の柱となるなど大きく成長を果たし、クラブのリーグ優勝などに貢献していた。今季もリーグ戦では14試合で5得点6アシストの活躍。チャンピオンズリーグ(CL)でもリバプールやナポリ相手に堂々とした姿勢で挑み、グループリーグ6試合で2得点3アシストの結果を残している。

 そんな南野拓実が日本中を大いに沸かせたのは昨年12月19日のこと。現世界王者であるリバプールが、同選手を完全移籍で獲得することを発表したのだ。現地紙などによると移籍金は850万ユーロ(約10億円)とのこと。チームを率いるユルゲン・クロップ監督はクラブ公式サイトで「これは素晴らしいニュースだ。ワンダフルなサインだね」とコメントするなど、大きな期待を寄せられての加入となった。

 背番号18を身に付けることになった南野は、現地時間5日に行われたFAカップ3回戦のエバートン戦で新天地デビュー。現地時間23日に行われたウォルバーハンプトン戦では、プレミアリーグ初出場も果たしている。

 ただ、まだインパクトを残せているとは言い切れず、出場機会をなかなか伸ばせない状況が続いている。もちろん、プレミアリーグという世界屈指の強度を誇るリーグにいきなり適応できる選手は少ないが、今は我慢の時と言えるだろう。

1/4ページ

最終更新:2/4(火) 7:12
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事