ここから本文です

桜を見る会内部資料が流出。山添拓議員vs安倍総理の質疑を信号無視話法分析

2/4(火) 8:32配信

HARBOR BUSINESS Online

徹頭徹尾意味不明な安倍答弁

 1段落目は、桜を見る会の名簿が開示請求の対象になるという趣旨が安倍事務所に伝わっていることを認めているようにも読みとれるため、青信号とした。だが、2段落目以降では、一転して否定しているようにも見えるため、この全4段落の安倍総理の答弁の中ですら整合がとれてないように思える。

 直後の2段落目では、安倍総理は参議院の内部資料の文言を読み上げて、この文言と一字一句同じ連絡は来ていないという意味合いのことを言っているのではないか。「ご飯論法」に通じる誤魔化し方で以下のように論点をすり替えており、赤信号とした。

【質問】趣旨が伝わったか
↓ すり替え
【回答】趣旨が文書と全く同じ文言で伝わったか

 3段落目は、内閣府の文書に書かれた「開示請求対象になること」と参議院自民党の内部資料に書かれた「名簿が公開されること」は違うということを熱弁されていると思われるが、質問と全く無関係であり、赤信号とした。そもそも、なぜこのような話をしたのか筆者には最後まで理解できなかった。

 4段落目は、そういう方(=桜を見る会に呼ぶに相応しい方)を選んでくださいという連絡は来ているという意味合いのことをおそらく述べており、以下のように論点をすり替えていると判断し、赤信号とした。

【質問】開示請求対象となる趣旨が伝わったか
↓ すり替え
【回答】相応しい人を選ぶ趣旨が伝わったか

 この答弁の後、山添議員が「ちょっとはっきり趣旨が分かりませんけども」と述べている通り、安倍総理の答弁は徹頭徹尾、意味不明であった。

「切り貼り」でまとも答弁したかのように報じるメディア

 今回の質疑で明らかになったことを強いて挙げるとすれば、「政府および自民党は名簿公開の可能性を事前に認識していたことが明らかになり、個人情報は公開できないという従来の総理答弁の根拠が崩れた」という山添議員の指摘に対して、安倍総理は質問に全く回答しなかったという事実だ。

 だが、残念ながらこの事実を多くの国民が知ることはないだろう。これまで同様にNHKを始めとする国内メディアのニュース番組では神業的な映像の切り貼り編集によって、あたかも安倍総理が理路整然と質問に回答したかのような映像を流すことが予想されるからだ。

 だが、この質疑をノーカットで視聴すれば、事実はおのずと見えてくるだろう。この場面に限らず、当日の質疑では答弁者側には大きな混乱が見られ、質問に回答することが困難なほどに追い詰められていた。全編はYoutube で字幕付きで視聴できるため、ご確認頂きたい。(本記事で取り上げた場面は動画の14:20~)
<文・図版作成/犬飼淳>

【犬飼淳】
TwitterID/@jun21101016
いぬかいじゅん●サラリーマンとして勤務する傍ら、自身のnoteで政治に関するさまざまな論考を発表。党首討論での安倍首相の答弁を色付きでわかりやすく分析した「信号無視話法」などがSNSで話題に。最近は「赤黄青で国会ウォッチ」と題して、Youtube動画で国会答弁の視覚化に取り組む。
 犬飼淳氏の(note)では数多くの答弁を「信号無視話法」などを駆使して視覚化している。また、同様にYouTubeチャンネル(日本語版/英語版)でも国会答弁の視覚化を行い、全世界に向けて発信している

ハーバー・ビジネス・オンライン

3/3ページ

最終更新:2/6(木) 13:39
HARBOR BUSINESS Online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事