ここから本文です

“西武連覇効果”もあり西武ホールディングスが全事業で前年同期比増収

2/6(木) 19:01配信

週刊ベースボールONLINE

 西武ライオンズの親会社である西武ホールディングスが6日に発表した、2019年4~12月の連結決算は、ハワイ事業や西武ライオンズが好調だったことからグループ全体の収益の押し上げに貢献したほか、すべての事業において前年同期比で増収した。売上高にあたる営業収益は2.6パーセント増加し、過去最高の4,326億円で8期連続の増収。営業利益は1.2パーセント増の594億円、経常利益は1.3パーセント増の533億円と、いずれも過去最高を更新した。

西武・受け継がれるスピリットと新たなる獅子の時代/12球団背番号物語

 なかでも埼玉西武ライオンズが2年連続でパ・リーグ優勝を果たし、観客動員数が過去最多(実数発表した2005年以降)の1,821,519人を達成し、それに伴う収益がグループ全体に寄与した。また、メットライフドームでのコンサート等の貸会場収入が増加したことも、増収の要因のひとつとして挙げられる。

 現在、メットライフドームエリアでは改修工事が進行中で、2020年の春には新フードエリア「グリーンフォレスト デリ&カフェ」がオープンするほか、同時期に屋内遊戯施設もリニューアルする予定。また、今シーズンより松坂大輔投手が14年ぶりにライオンズに復帰し、ファンの期待感もより一層大きくなることが予想されるため、今後も西武ライオンズが西武ホールディングスの業績を後押ししていくことが見込まれる。

西武ライオンズ

週刊ベースボール

最終更新:2/6(木) 19:07
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ