ここから本文です

発見が遅れてがんが進行。将来を絶望する女性に84歳美容家が贈った言葉

2/8(土) 14:30配信

webマガジン mi-mollet

 医学が大きく進歩した今、病気の発見のタイミングは非常に重要なものとなっています。しかし最大限の努力をしていたにも関わらず、発見が遅れてしまったら……? 84歳ながら圧倒的なハッピーオーラと美肌の持ち主で知られる美容家の小林照子先生が、どうにもやりきれない時の心の持ちようをお話ししてくださいました。

親が突然、白血病になったら…。実家暮らしの漫画家による実話漫画

 ドッグさんからの質問

Q. 何度も受診したのに病気を見つけてもらえず……。治療のためパートもやめることになり、やりきれません。

2019年10月に子宮体癌、卵巣癌、それによる播種が見つかり、10月末に開腹手術を行いました。退院1カ月後から抗がん剤治療の予定です。2018年12月から1月にかけて不正出血があり婦人科を受診。そのときは異常なしと診断され、不正出血を止める薬を2週間分服用。が、また不正出血があったので婦人科を再度受診。やはり異常は見つからず、また不正出血を止める薬を服用しました。この薬を飲み終わると正常に生理がきますが、10連休を前に不安だったためもう一度婦人科を受診。更年期障害の漢方薬をもらって安心していました。さらに8月末に胃、腸の具合が悪くなり内科を受診しましたが、やはり異常なし。処方された胃薬、腸の薬を服用。9月に不正出血が3週間ほど続いたので病院を変えて婦人科を受診。大きな病院を紹介され、そこで病気が発覚、現在に至っています。

自身の異常を自覚し早めに対応したのにこのような結果となっているのが許せなくてやるせなくて……。なぜ4月の時点で見つからなかったのかと。大きな病院の先生が言うには、「4月の時点では見つからず、それ以降に癌化した」とのことでしたが……。術後の抗がん剤治療の件も聞いていたので、パートに迷惑をかけることもできず辞めました。社会との接点もなくなる。わずかなパート収入もなくなる。やるせない思いで一杯です。もし先生が私ならどのように受け止められますか? 長々と申し訳ありませんが、お聞きしたいと思います。(52歳)


小林照子先生の回答

A. 免疫力を高めるのに美容は効果的。10年先を見て、自分を愛しむことを始めてほしいと思います。

これまで本当に大変でしたね。でも私がかけさせていただく言葉は慰めではなく、「まずは自分の人生を大切に考えましょう」というものです。今のドッグさんは未来に夢を持たれていないような印象を受けましたので……。

今のドッグさんは、なぜ病気を見つけてもらえなかったのかと恨めしく思ったり、病気によって失ったものを嘆いたりと、過去の中に生きていらっしゃる状態だと思います。でも未来に目を向けたとき、医学というのはものすごく進歩していると思うのですね。とくにがんという病気は患う人も多いことから、非常に重視されていて、その進歩も目覚ましい。そういう未来も、少し考えてみませんか?

1/2ページ

最終更新:2/8(土) 14:30
webマガジン mi-mollet

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事