ここから本文です

ジャニーズJr.に現れた“ポスト手越”「宇宙Six」松本幸大のパリピライフ 誕生日お持ち帰り撮とベッド写真

2/8(土) 22:00配信

文春オンライン

 ジャニーズJr.内の人気ユニット「宇宙Six」の松本幸大(こうた・31)が1月13日早朝、モデル風の美女と自宅お泊まりデートをしていたことがわかった。「週刊文春デジタル」がその様子を撮影した。

【画像】女性の部屋のベッドで寝る松本幸大

「宇宙Six」は2016年11月11日結成。ユニットの名づけ親は、故ジャニー喜多川氏だ。結成当時はユニット名通りメンバー6人だったが、現在は松本を入れて4人で活動している。

 松本は「宇宙Six」のリーダーで、昨年10月に舞台「どれミゼラブル!」で、単独では初主演となる舞台を経験。12月には同じジャニーズ事務所の浜中文一とのダブル主演となるミュージカル「ELF The Musical」に出演するなど活躍の場を広げている。

「2016年の嵐のコンサートツアーで初お披露目され、その後も嵐のバックダンサーをつとめて、人気も勢いもありました。ただ、18年にメンバーの林翔太が脱退。19年には、目黒蓮が兼任していたSnow Manのメジャーデビューのために脱退して停滞ぎみに。残された松本たちは、いま舞台を中心に活動しています」(ジャニーズ担当記者)

嵐の相葉を「アニキ」と慕う松本

 2003年に14歳でジャニーズ事務所入りした松本だが、これまでのジャニーズ人生は、順風満帆とは言えなかった。踏ん張ってこられたのは、先輩たちに可愛がられてきたからだ。

「ほぼ同期のHey! Say! JUMPの有岡大貴や知念侑李、Kis-My-Ft2の千賀健永などが次々とデビューしていくなか、踏ん張って活動してきたベテランで、上の世代からも可愛がられています。嵐の相葉雅紀とはクリスマスに自宅に呼んでもらうような仲で、松本は相葉のことを『アニキ』と呼んで慕っている」(同前)

 ジャニーズファンから広く知られている松本だが、実は、港区内でも有名人。盛り場からは"ポスト手越"の声が聞こえてくる。ジャニーズの先輩にも好かれる"人たらし"の性格は、夜の港区界隈でも発揮され、"ジャニーズ随一の遊び人"NEWS・手越祐也に迫るほど、夜の会合の出席率は高いという。西麻布のカラオケバー店員が明かす。

「西麻布か六本木のカラオケバーの常連で、夜中になると"社長"や"センセイ"と呼ばれるような人と一緒に来店されますね。彼は、韓流アイドルや役者、アーティストと呼ばれるような人たちとも幅広い交流がある。

 酒はあまり強くなくて、飲んでる途中で寝てしまうこともしょっちゅう(笑)。自称さみしがり屋で、『1人ではいられないタイプ』とよく自分で言ってました。でも、女の子への誘いはイケイケで、1度や2度断られても頑張るタイプですね」

1/3ページ

最終更新:2/9(日) 6:21
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ