ここから本文です

『麒麟がくる』前代未聞の1回~3回一挙再放送で、おさえておきたい「名場面」と「問題シーン」【麒麟がくる 満喫リポート】

2/9(日) 6:01配信

サライ.jp

ライターI(以下I): 2月9日(15:05~)に『麒麟がくる』の第1回から3回を一挙再放送するらしいです。Aさんは去年の今ごろから、「期待できる、待ち遠しい」って大騒ぎしていましたけど、改めて『麒麟がくる』のどこに期待していたのですか?

編集者A(以下A): いろんなところで力説していて繰り返しになるのですが、名作大河として名高い『太平記』(91年)を手がけた池端俊策さんが脚本担当というところが大きいです。そして、80年代に〈近代化大河〉が3年続いた後に登場した『独眼竜政宗』(87年)が大河史上最高の平均視聴率を叩き出した故事がありますが、それが再現されるのではないかという期待もあります。

I: 今作は近代大河『いだてん』の翌年ですもんね。

A: 加えて大河史上初めて明智光秀が主人公になるということに尽きます。三重大教授で20数年来、本能寺の変を研究している藤田達生教授がこんなことをいっています。〈本能寺の変を起こした光秀は、信長側からみれば謀反人ですが、室町幕府将軍・足利義昭側からみれば忠臣でした。これまでは信長側の視点からのドラマ作りが多かったのですが、光秀側の視点からドラマがどう描かれるか興味深いです〉(月刊『サライ』2月号)。

I:確かに私たちは何も考えずに光秀のことを「謀反人」と言っていますが、それは信長側の史観に過ぎないということですね。

A: 歴史は勝者が作り出す、といいますが、最終的に信長と同盟していた家康が天下をとって、光秀は謀反人の汚名を着せられたままです。そんな中で〈光秀目線〉の物語がどう紡(つむ)がれていくのか。池端さんも「『太平記』で室町幕府初代将軍(尊氏)を描いたので、室町幕府の最後も描きたかった」という趣旨の話をしていますし、今まで見たことのない展開になると期待しています。

I: では、『麒麟がくる』一話から三話までをおさらいしてみたいと思います。Aさんは、実は、第一話冒頭に、〈裏設定〉が隠されていると主張していますが・・・・・・。

A: はい。第一話冒頭で野盗が明智荘を襲います。頭領は頬当てをしていますが、本宮泰風さんが演じています。本宮さんといえば、やくざ世界の統一過程を描く『日本統一』の主演俳優。天下統一の物語でもある『麒麟がくる』冒頭に『日本統一』の主演俳優、しかも演じるのが野盗で鉄砲をぶっぱなす。これをどう解釈したらよいのかと・・・・・。

I: 解釈って・・・・。しかも本宮さんは任侠もの以外でも活躍していますよ。

A: 最初はそう思っていたんです。でも制作陣への取材の際に「(物語冒頭は)関ケ原合戦から50年程前なので(合戦も)やくざの出入りのようなもの」という発言がありました。それを聞いて繋がったのです。〈裏設定〉はやくざの出入りで、それこそが「リアルな戦国」の表現なのではないかと。任侠もので活躍する本宮さんが冒頭に登場したので、つい深読みしちゃいました。もちろんNHK非公認ですけど(きっぱり)。

1/3ページ

最終更新:2/9(日) 14:09
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事