ここから本文です

可愛い孫の王室離脱、息子のスキャンダル…苦難続きの「エリザベス女王」、イケメン占い師、杉浦エイトが占ってみた!

2/9(日) 20:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 「運命のタロットカード占い」でも活躍中の杉浦エイトが、旬なセレブたちを占う連載。生年月日から算出するマインドナンバーとエレメントを使って、いま話題のセレブの特性や人生の周期を導き出していきます。
 第10回目は、ヘンリー王子夫妻の王室離脱問題について大きな決断をし、そして今年で94歳を迎えるエリザベス女王にフォーカス。

【写真】エリザベス女王の収入源を徹底調査!

意志の強さと愛情に満ち溢れた性格の持ち主

ヘンリー&メーガンの王室離脱問題で対応が注目されたエリザベス女王は鉄星人のラバー。このマインドナンバー「7」の鉄星人というのは責任感があり、任された使命は最後までやり通すだけの意志の強さを持っています。

さらにラバーという「愛」の星を持っているのでパートナーや愛する家族の存在によって人生が大きく変化します。

実際に旦那様であるフィリップ殿下とは、女王がわずか8歳のときに出会い、その後女王が13歳、フィリップ殿下が18歳の頃に再会し、一目惚れした女王からのアプローチで愛を育んだといわれています。そこから今年で結婚73周年を迎えるということなので、人生をかけて大きな愛を形にしてきたのではないでしょうか。

そうやって大きな愛情を持っており、「自分のファミリー」と認めた相手には最大の愛を与えてくれる人なんです。

その代わり好き嫌いもハッキリしていて、一度敵対心を持ったり、心を閉ざしてしまうと心の中にある鉄のシャッターが閉じてしまいます。それは大切な人や家族を守るために必要な防衛本能でもあるんです。

世界中に衝撃を与えたヘンリー王子&メーガン妃の「王室離脱」

そして今回話題に上がったヘンリー王子&メーガン妃。ヘンリー王子は自由奔放で枠に縛られたくない海星人。ルールや束縛を嫌い、自分のペースでやりたいことをやりたいようにする、まさに海のような「自由人」という称号がふさわしいタイプ。

また、メーガン妃もクイーンという星を持っているからこそ、どんな手を使ってでも自分の理想を形にしたいという自己実現の意識も強かったはずです。

この2人は共に同じ運勢を過ごしており、現在は24年に1度の大チャンスの時期なんです。この時期は、大きく注目を集めるという時期。2人の場合は注目度が高すぎるあまりに、過剰なパパラッチにうんざりしたり、運勢が良いこのタイミングに大きな決断を下したのだと思います。

今回の騒動で、もちろん2人にとって失うものも大きく、たくさんの避難を浴び賛否両論さまざまな意見が飛び交いましたが、新世代の王室メンバーの生き方として、今回の王室離脱問題は歴史の中で新しい前例を作ったのではないでしょうか?

伝統や格式を重んじるイギリス王室ではありますが、各々の個性を尊重し新しいスタイルを受け入れることによって、また新たな展開が見えてくると思います。

彼らは2年後から2人ともモヤモヤ期に入ります。現在は運気が凄く良い状態でのアクションだったのですが、2年後から始まるモヤモヤの時期は、改めて家族やパートナー、生き方について考える時期になっていきます。今回の決断のせいで歯車が狂ってしまわないように気をつけて頂きたいと思います。

1/2ページ

最終更新:2/9(日) 20:20
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ