ここから本文です

さいたま市で住むべき駅ベスト5は?中古価格は上昇ならず、総合利回りで有利なのは、浦和駅、さいたま新都心駅

2/9(日) 10:12配信

ダイヤモンド不動産研究所

さいたま市に住むなら、マンションを買うべき駅はどこ? こんな疑問に答えるために、中古マンションの高騰率と総合利回りのランキング(全22駅)を元に、ベスト5を作成した。マンション価格の値上がり・値下がり、賃料を含めた総合利回りなどで、魅力ある駅を探り出してみたので、マンション購入時の参考にしよう。(データ提供:マンション情報サイト「マンションレビュー」)

表「さいたま市の駅別・中古マンション騰落率ランキング」はこちら

価格が上昇したのは、新都市交通伊奈線の加茂宮のみ

 まずは、さいたま市内における中古マンション価格の騰落率ランキングを見てみよう。

 過去10年間でマンション価格が上昇したのは加茂宮(かものみや)駅のみであった。加茂宮の築10年前後の中古マンション売り出し平均相場価格は、約3,200万円と他の駅と比べても決断しやすい金額だ。

 さいたま市全体では、騰落率がマイナスだ。大宮やさいたま新都心駅は、いずれも大幅な下落には至っていないが、都市部から離れるにつれて騰落率も下がる傾向がある。鉄道博物館駅は大宮駅の隣であるが、大きく下落する結果となった。

 以下が、さいたま市の駅別・中古マンション騰落率ランキング(全22駅)のベスト5だ。
※「騰落率」は、2008年、2009年、2010年築のマンションについて、新築時分譲価格に対して、直近の中古マンション売り出し価格の騰落率を計算したもの(小数点第1位以下は四捨五入)。駅から徒歩15分以内の物件が対象で、ネット上の公開情報を元にマンション情報サイト「マンションレビュー」が調査した。データは2019年9月時点。

さいたま市の騰落率1位は加茂宮駅(さいたま市北区宮原町) 埼玉県さいたま市で騰落率1位となったのは加茂宮駅(埼玉新都市交通伊奈線)だ。過去10年と比べると、中古マンション価格は1%上昇している。

 加茂宮駅自体はそれほど大きな駅ではないが、2駅先には大宮駅がある。大宮駅にアクセスすれば、東京都心や千葉県、神奈川県など幅広いエリアにアクセス可能だ。成田エクスプレスも乗り入れているので、成田空港に乗り換えなしで行くこともできる。

 駅から徒歩7分の場所には、三井アウトレットパークやららぽーとの運営会社である三井不動産商業マネジメントと三井不動産が運営する大型ショッピングセンター「ステラタウン大宮」がある。専門店のほかイトーヨーカドーやザ・ダイソーなども入っていて、便利だ。

 また、区役所や総合医療施設、郵便局といった生活インフラも整っており、住みやすい町だといえる。最近では次々とマンションが建設されており、住民の数も増加傾向にあるようだ。

 近隣のフラッグシップマンションとしては、
・シティテラス大宮宮原(70換算で3,663万円、加茂宮駅徒歩11分)
・ブランズ大宮宮原サンマークス(70換算で3,472万円、加茂宮駅徒歩5分)
・イニシア大宮宮原サザンフォート(70換算で3,472万円、加茂宮駅徒歩7分)
  などが挙げられる。

1/2ページ

最終更新:2/9(日) 10:12
ダイヤモンド不動産研究所

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事