ここから本文です

江川卓、落合博満の新人時代の名鑑は?/週刊ベースボール名鑑回顧連載2

2/10(月) 10:44配信

週刊ベースボールONLINE

前例のない新人・江川の欄

 2月12日、本誌恒例の選手名鑑が発売される(490円)。2020年の特徴は思い切って通常連載をすべて休載し、名鑑ページを大幅増としたこと。顔写真の大きさも4倍近い(当社比)。

「1986年の落合博満」を記録で読む。4月の出遅れと圧巻の2ストライクでの高打率

 選手名鑑は週べのいわば“大看板”企画で、1946年創刊の月刊ベースボールマガジン時代からスタート(おそらく52年から)し、1958年創刊の週刊べースボールでも、もちろん継承され、1年も欠かさず続いている。
 発売記念企画として、前回は巨人・長嶋茂雄の新人年を紹介したが、今回は1979年の名鑑を紹介してみよう。

 いわずと知れた江川事件があった年だ。
 前年のドラフト会議前日に「空白の1日」で巨人と契約した江川卓。もちろん、認められずに翌日、巨人がボイコットしたドラフト会議では阪神が交渉権を獲得していた。

 今回は、この事件を追う企画ではないのであっさりいく。

 事態は二転三転したが、1月31日、阪神と契約成立。その日のうちに入団契約書をセ・リーグに提出し、受理された。さらに2月1日の午前0時18分から記者会見が行われ、巨人・小林繁と江川のトレードが発表されている。

 日本中が騒然となった事件だが、この企画内での問題は、編集部がどう対応したか。
 当時、本誌の選手名鑑は基本的に前年の写真を使い、新しい選手のみキャンプ序盤で狙って入れていた。

 2月26日の名鑑号を見ると、巨人の「30」に江川はおらず、阪神の「19」には小林が入っていた。
「あえて意地を見せ、江川を入れなかったのか」
 と一瞬思ったが、江川は投手欄の最後に背番号未定で入っていた。巨人の帽子をかぶっていたが、これは合成だろう。

 当時の週べの名鑑は全員の写真が入っているわけではなく、選手の寸評もない。これでは紹介しても面白くないと思い、並行して発売していた月刊のベースボールマガジンを見ると、こちらでは別冊付録として名鑑がついており、今の名鑑のように趣味、さらに記者による寸評に加え、本人の抱負まで入っていた。

 ただ、ここでも背番号が空欄の江川は別だ。
 寸評欄は「注」と書いたあとにこうある。

 この名鑑は年間を通じて観戦用に作成しました。2月8日のプロ野球実行委、2月28日のオーナー会議で4月7日以降の巨人へのトレードが承認され、開幕日に巨人支配下選手に登録されることになります。

 ついでだから、この年入団の大物、ロッテの落合博満も見てみる。
 趣味の欄にレコード鑑賞、映画(洋画)観賞とある。落合の映画好きは有名だ。
 本人の抱負は、

 全日本の三番打者に恥じないよう1日も早く一軍ベンチ入りを果したい。スピードボールには自信があるので、変化球打ちをマスターしたい。

 とあった。最初の「恥じないよう~」あたりは記者が付け加えたのかもしれない。

週刊ベースボール

最終更新:2/10(月) 11:26
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事