ここから本文です

キャンパー憧れの「AIRSTREAM エアストリーム」を手に入れる!

2/10(月) 16:00配信

FUNQ

キャンパースタイルの究極といえば、シルバーに輝くジュラルミンボディと流線型の美しいデザインが特徴のエアストリームに尽きる。「そんなのムリでしょ」と最初から諦めるなかれ。探せば意外な掘り出し物に出会えるかも?

見る人すべてを虜にする、キャンパーの王様。

エアストリームは紛れもなくキャンパースタイルの王様だろう。創業は1936年。第二次大戦中に物資が不足して一時中断したり、’70年代後半以降は経営難で親会社が変わったりなど何度か危機的局面がありながらも、今もなお生産を続ける老舗である。

さらに、’36年から今まで一部の例外を除き、一貫して“ジュラルミンボディ”にこだわって生産し続ける唯一の会社でもある。これは、当時最先端の飛行機製作技術を流用し、飛行機の胴体と同素材のジュラルミンを採用。軽量かつ基本的に錆びないので耐久性も抜群。保管状態さえ悪くなければ50年以上経ったモデルでも雨漏りはないし、磨けばピカピカになる。現在主流の樹脂素材も耐久性が高いとはいえ、経年劣化することを考えれば、エアストリームのジュラルミンボディは単なるファッションだけでないことが十分おわかりいただけるだろう。

そんなエアストリームの“ヴィンテージ”と呼ばれる’70年代までの年代別車両を展示するのが千葉県にある「エアストリームカフェ」だ。代表の岡本博志さんは元々、ヴィンテージエアストリームのコアファンだけにその知識は相当なもの。その代表的なモデルや内装など具体的な特徴について詳しく見ていこう。

まずは、各年代を代表するモデルをチェックしよう!

1936~’70年代までの各年代を代表するモデルが一同に並ぶという世界でも類を見ない「エアストリームカフェ」。まずは実際にこちらで見て相談しながら、自分のスタイルに合った車両を見つけてほしい。

【1934 BOWLUS ROAD CHIEF】
実は世界に先駆けてジュラルミンボディを手がけたのはハーレー・ボーラスによって設計されたコチラ。世界で現存するのは10台以下という激レア車両。

1/3ページ

最終更新:2/10(月) 16:00
FUNQ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ