ここから本文です

地元フランスのモンフィスが3度目の優勝 [男子テニス]

2/10(月) 16:30配信

テニスマガジンONLINE

 ATPツアー公式戦の「南フランス・オープン」(ATP250/フランス・モンペリエ/2月3~9日/賞金総額60万6350ユーロ/室内ハードコート)の男子シングルス決勝で、第1シードのガエル・モンフィス(フランス)がノーシードから勝ち上がってきたバセック・ポスピショル(カナダ)を7-5 6-3で下し、今季初優勝を果たした。試合時間は1時間37分。

ATPツアー2020表彰写真|PHOTOアルバム

 モンフィスがATPツアーでタイトルを獲得したのは、昨年2月のロッテルダム(ATP500/室内ハードコート)以来で通算9度目となる。この勝利でツアー決勝での戦績は、9勝21敗となった。

 今大会に4年ぶり7度目の出場だった33歳のモンフィスは、2010年と14年にタイトルを獲得。前回プレーした2016年は、1回戦でエドゥアール・ロジェ バセラン(フランス)に4-6 6-7(5)で敗れていた。

 この結果でモンフィスは、ポスピショルとの対戦成績を6勝0敗とした。前回の対戦は2018年10月のアントワープ(ATP250/室内ハードコート)の準々決勝で、モンフィスが7-5 6-4で勝っていた。

 今大会でのモンフィスは、初戦となった2回戦でアドリアン・マナリノ(フランス)を4-6 6-1 6-4で、準々決勝でノルベルト・ゴンボス(スロバキア)を6-3 6-4で、準決勝では第7シードのフィリップ・クライノビッチ(セルビア)を7-6(4) 6-2で破って決勝進出を決めていた。

 29歳のポスピショルは2014年1月に世界ランク自己最高となる25位をマーク。同年8月のワシントンDC(ATP500/ハードコート)以来のツアー決勝で、キャリア初タイトルを目指していた。

 ダブルス決勝も行われ、ニコラ・カシッチ/マテ・パビッチ(ともにクロアチア)がドミニク・イングロット(イギリス)/アイサムウルハク・クレシー(パキスタン)とのノーシード対決を6-4 6-7(4) [10-4]で制した。

MONTPELLIER, FRANCE - February 08: Gael Monfils of France in action against Filip Krajinovic of Serbia in the Semi Finals of the Open Sud de France Tennis Tournament at the Sud de France Arena on February 8th 2020, Montpellier, France (Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

最終更新:2/10(月) 16:30
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ