ここから本文です

3組のカップル成立も、11人の恋は予想外の展開に!? 『月とオオカミちゃんには騙されない』第6話

2/10(月) 10:29配信

リアルサウンド

 「女子高生の3人に1人が見ている」と言われる、AbemaTVの恋愛リアリティショーシリーズ最新作『月とオオカミちゃんには騙されない』。

【美男美女11名】『月とオオカミちゃんには騙されない』メンバー写真&プロフィール

 真実の恋を探す男性5人・女性6人の等身大の姿を追いつつ、女子メンバーの中に紛れ込んでいる「絶対恋をしない嘘つき“オオカミ”ちゃん」をめぐる心理戦を含んだ恋愛模様が人気を博している。

 2月9日に放送された第6話では、中間告白後にメンバーの関係性が変化していくさまが描かれた。3組のカップルが成立したものの、これから何が起こるかはまだまだわからない。“オオカミちゃん”が誰かも判明していないのだから……。そんな不穏な空気がそこはかとなく漂う“予兆”のエピソードだったといえよう。

以下、ネタバレ注意

 大波乱の連続だった第5話の興奮が覚めやらない中、第6話が始まった。今回の見どころはやはり、“その後”の関係性の変化だ。コア(Novel Core)とヒナ(Hina)、とおる(堀江亨)とナナ(加藤ナナ)、りょうすけ(曽田陵介)とりこ(莉子)の3組のカップルが生まれた中で、恋に敗れたしょうたろう(岡田翔大郎)、ルーク(岸本ルーク)、あずさ(大原梓)、りおん(岡本莉音)、ななか(松川菜々花)の5人はどう動くのか……。

 『オオカミ』シリーズの面白さは、うまくいってそれで終わりではないところ。つまり、カップルが成立したとしても卒業はできないのだ。まだ彼らの物語は半分しか終わっておらず、恋愛レースは続行中。“オオカミちゃん”が誰なのかもまだ謎のまま。当然、このまま終わるはずがない……。

 そんな視聴者の不安をよそに、第6話はヒナとコアが談笑しながら共同作業にいそしむ姿から始まる。ヒナの思いついた奇抜なデザイン案を優しく受け入れるコア。ヒナが「売れ残ったら買い取りだよ」といたずらっぽく話しかけると、コアは「着るよ着るよ」と微笑んだ。多くの試練を乗り越えて結ばれただけに、なかなか他のメンバーが入り込みづらい“2人だけの世界”が形成されている。

 一方、ななかとルークは「恋の方はどう?」(ななか)「雨のち曇りって感じ」(ルーク)とダウナーな雰囲気。それでもななかは「でも伝えられたからすっきりしてる」とりょうすけへの未練を断ち切ろうとしているようだ。そして、ななかはその言葉通りに行動を開始。しょうたろうを誘い、「ずっと言ってなかったんだけど、最初りょうすけくんとしょうたろうくんで迷ってた」と告白! 「すごくしゃべりやすくて。でも邪魔しちゃいけないって遠慮しちゃって……」と語るななかに、しょうたろうは「オレ、鈍感すぎだな……」と照れ笑い。引っ込み思案な性格を乗り越えて攻めたななかが「緊張してて手汗がヤバい。(しょうたろうと)話してるから……」と素に返る微笑ましいひとコマも。ななかとしょうたろうの関係に進展があるのだろうか? 気になるところだ。

 とおるにフラれてしまったりおんも、「難しい。いろんなこと考えちゃう。やっぱとおるくんカッコいいよね。でもそこは諦めるって決めたから……」と吹っ切ろうとしている様子だった。だが、彼女が次にとった行動はあまりにも衝撃的! なんと、コアのところに向かったのだ。「(とおるが)恋愛としては違うって言ってくれたから、気持ちをリセットしてる段階」と語るりおんに、コアは「ゆっくり時間かけながらしゃべったりとかしたらいいと思う」とアドバイスを送る。するとりおんは「だから話しかけてる」とコアを見つめて……。

 最初は「?」マークだったが、りおんのアプローチに気づいたコアは「え……あ、そういうことか」と絶句。まさかりおん→コアルートが生まれるとは! りおんは「正直に言うと、ひなちゃんへの想いが強いのが伝わってくるから、今話しかけに行くのは違うかなって思ってるんだけど……」と遠慮がちにアピール。コアも、言葉を選びながら「今までだったら、自分に好意を持ってくれる人がいてもシャットアウトしてたと思う。今は割と向き合える。ちゃんと伝えてくれたから」と男気を見せた。

 そしてヒナにも、ルークが猛アタック! コアと談笑中のヒナにルークが「今、お取込み中?」と切り込み、外に連れ出すと「自分のなかで何がダメだったんだろうって結構考えたんだよ。答えは出なくて……でも一つだけ思ったのは、俺はヒナを諦めるわけではないし、今も好きだから」と真正面から想いを伝える。この展開……やっぱりまだまだ誰と誰が結ばれるのか、全くわからない!

 “敗者”たちのかき回しが目立つ今回だが、カップルの中にも不穏な空気が……。とおるがナナを「ちょっと話がある」と連れ出し、「5日後くらいにアメリカに帰らないといけない。ずっと行くわけじゃないけど、大学の単位もあるしテニスの試合もあるから」と告げる! やっと結ばれたのに、いきなり遠距離……!? 戸惑いの表情を見せるナナの手を、とおるはぎゅっと握りしめるのだった。

 予想外の急展開が続き、ナナは「突然はズルいですよ……」と照れまくるが、とおるは一切動じず「ガツガツ行くっていったじゃん」と畳みかける。改めて、2人の互いを想う気持ちの強さが浮き彫りに。「会えない時間が2人を育てる」という言葉があるが、とおるとナナに今後どんな変化が訪れるのか? 2人はこの試練を乗り越えられるのだろうか?

 今後につながる色々な仕掛けが垣間見えた第6話だったが、“事件”はまだ終わらない。あずさがみんなを集めて、「明日、ナナちゃんが出る『TGCしずおか』に行きたいと思っとる。もう1人一緒に行きたいと思っとるんやけど、男子の中からついてっていい人…おる?」と募った結果、当然ながら「行きたい!」ととおるが立候補。フった者と、フラれた者の2人が静岡に行くことに……。

 その一部始終を、複雑な表情で見つめるりこ。実はその2時間前、あずさから相談を受けていたのだ。「(『TGC』に)ナナちゃんが出るってことは、とおるくんもくるかもしれんやん。でもさ……気まずいやん」と悩むあずさ。「あずさちゃん、まだ好きなの……?」とりこが問いかけると、あずさは「いかんいかん、だめだ」と泣き出してしまう。「なんかもう……どうしたらいいかわからんすぎる」と苦しむあずさの姿を観たスタジオゲストの神尾楓珠と岡田結実は「肝臓が痛い……」(岡田)、「俺がとおるくんだったら、アメリカに行く前にちゃんと決めたい。だから手放さない」(神尾)と男女それぞれの立場から意見を述べた。2人のどちらの意見も納得できるだけに、次回の『TGC』編が気になってしょうがない!

 とおる、ナナ、あずさの関係はどうなるのか? どうにもすんなりいかせてもらえなさそうなヒナとコアは? 次回は、脱落発表直前! 『月とオオカミちゃんには騙されない』のハラハラドキドキはここから、ますます加速していきそうだ。

SYO(映画ライター)

最終更新:2/10(月) 10:29
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ