ここから本文です

赤頬思春期、思春期の酸いも甘いも駆け抜けたドラマチックな一夜

2/10(月) 20:20配信

Rolling Stone Japan

2020年1月18日、東京・豊洲PITで韓国のシンガーソングライターデュオ赤頬思春期によるツアー「赤頬思春期 JAPAN LIVE TOUR 2020 ~LOVE~」が開催された。

写真3点:もっとライブ写真を見る

作詞・作曲、演奏までの全てを自ら行う韓国発実力派シンガーソングライターデュオ、赤頬思春期。メインボーカルのアン・ジヨンとサブボーカル、ラップ、ギターとベースを担当するウ・ジユンから成る二人組である彼女らは、2016年に韓国でアルバム『RED PLANET』でデビュー。同アルバムの収録曲「GALAXY(宇宙をあげる)」が韓国で大ブレイク。日本デビュー前の2018年から日本でライブを行ってきた彼女らが、今回日本1stシングル『LOVE』を携えて「赤頬思春期(BOL4)JAPAN LIVE TOUR 2020 ~LOVE~」を開催。ここでは、1月18日に東京・豊洲PITで開催された同ツアーの公演をレポートする。

みぞれ混じりの肌寒い天気の中、会場の豊洲PITに到着すると、ステージにはポップでキュートな「LOVE」のツアーロゴがスクリーンに映し出されていた。場内が暗転すると、ダブルキーボード、ドラム、ギター、ベースのバックバンドのロマンチックな演奏が始まる。ステージ裏から白いスーツに身を包んだ二人が登場すると大きな歓声が沸き起こり、友達以上恋人未満の状況に燻る、可愛らしい気持ちを表現した曲「Some(日本語ver.)」を1曲目に披露。技術もありながらどこか甘さのあるのアン・ジヨンの歌唱力が曲の魅力を存分に引き出し、1曲目から既にどこか心がくすぐったい気持ちにさせられてしまった。

「皆さんこんにちは! 私たちは赤頬思春期です!」と自己紹介、「日本デビューしてから東京で初めてのコンサートなので、ドキドキワクワクしてます」と期待と不安が入り混じった様子を見せながらも、MCでは月島でもんじゃ焼きを食べたエピソードなど日本語と韓国語で混ぜた愛らしい話し方で披露しファンを魅了。会場からも「かわいい!」の声があちこちから連呼していた。そのまま曲振りで披露された、韓流時代劇ドラマ『君主 – 仮面の主人』の挿入歌になった「最初からあなたと私」では、ステージに表示された”私の光になって”の歌詞の字幕と共に、ステージ上に星のようにライトが点灯する演出も。「好きだと言って」でも、サビでスクリーンに星や月、カーテンなどドラマの1シーンのようなロマンチックな夜を想起させるもの散りばめられた演出に、会場は韓流ドラマさながらの甘い雰囲気に包まれた。

1/3ページ

最終更新:2/10(月) 20:20
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事