ここから本文です

横浜流星が“じっくりコトコト”イメージキャラクター就任!春夏の小腹満たしは「スープにしとこう!」

2/10(月) 10:00配信

ザテレビジョン

俳優の横浜流星が、ポッカサッポロフード&ビバレッジの缶スープシリーズ「じっくりコトコト」の広告イメージキャラクターに就任した。同ブランドの広告グラフィックに登場し、春夏に本格展開する冷製缶スープの魅力をアピールする。

【写真を見る】エランドール賞新人賞を受賞した横浜流星、サプライズ登場の深田恭子と再会ハグ!

■ 数種類の広告グラフィックを展開予定

昨今の冷製スープ市場の盛り上がりに先駆け、 2012年から冷製缶スープシリーズを展開してきた「じっくりコトコト」。食欲の落ちこむ夏場、外出時でも手軽に楽しめる冷たい小腹満たしのスープとして人気を集めてきた。

今回から新たに横浜がイメージキャラクターに就任。「スープにしとこう!」というメッセージのもと、春~夏のさまざまな食シーンのお悩みに、素材のうまみとスープの優しさで心と身体をいたわる冷製缶スープをお勧めする広告グラフィックを展開する。

広告グラフィックは、季節やシーンに合わせ“忙しい朝”“調子が出ない日”“暑い日のランチ”など数種類を展開予定。ブランドサイトでは、広告グラフィック撮影時のメイキング映像も公開する予定だ。

2019年、ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)への出演を皮切りに年間通して大活躍だった横浜。「東京ドラマアウォード2019」助演男優賞、「第32回 小学館DIMEトレンド大賞」ベストキャラクター賞、『日経トレンディ』が選ぶ「2019年“今年の顔”」、「GQ MEN OF THE YEAR 2019」、「Yahoo!検索大賞」大賞&俳優部門賞と受賞ラッシュ。年が明けてもその勢いは止まらず、第43回日本アカデミー賞新人俳優賞、そして今回のエランドール賞新人賞と、栄えある賞を総ナメにしている。

お茶の間での人気爆発に伴い、TV-CM本数も急増。2019年から新たにワイモバイル、ABCマート、大東建託、資生堂、森永製菓に出演し、「2019年TV-CM急上昇ランキング」で堂々の1位を獲得した(エム・データ発表、2019年1月1日から11月30日に東京地上波キー局で放送されたCMが対象)。

現在は、清野菜名とW主演するドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(毎週日曜夜10:30-11:25ほか、日本テレビ系)に出演中。秋には吉高由里子とのW主演映画「君の瞳(め)が問いかけている」も公開されるほか、主演舞台「巌流島」も控える。今最も注目の俳優・横浜流星。その2020年の活躍にも期待したい。

(ザテレビジョン)

最終更新:2/10(月) 10:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ