ここから本文です

期待のホンダ「ADV150」は、なぜ原付二種の「ADV125」にならなかったのか?

2/11(火) 12:03配信

WEBヤングマシン

兄弟車のPCXは125~150およびハイブリッド/EVも揃うが……

2020年2月14日の発売も目前に控え、メディア向け試乗会の模様もお届けしたが、読者も我々も気になっているのはADV150が軽二輪のみの単一ラインナップという点だ。兄弟車のPCXは原付二種と軽二輪の両方を揃えているのだが……。これについて、試乗会場で関係者に聞いてみた。

【すべての写真を見る】軽二輪スクーターは現在どうなってる?

すでにとても充実しているホンダ原付二種のラインナップ

まずADV150の情報について整理しておこう。2019年夏、最初に発表されたのはインドネシア仕様で、これは製造もインドネシア。そして同年10月の東京モーターショーで発表されたのはタイ生産モデルで、日本での“市販予定車”として展示された。

車両のベースとなっているのはホンダの大人気スクーター・PCXで、これの150cc版を大胆にモディファイしてつくり上げられている。とはいうものの、構成パーツの大部分は新作であり、実際に乗ってみても全く別のバイクだと感じられたものだった。

では、なぜ(少なくとも現時点では)150cc版のみの発売となったのか。これについては我々編集部でも少し気になっていたほか、Webを中心に「125ccだったら買うのに」という声もあったので、ぜひホンダに聞いてみたかったのだ。

答えは明快だった。まず、ADV150の主要マーケットと位置付けられているインドネシアやタイをはじめとしたアジア圏では、制度の関係上125ccがそれほど重要ではなく、現在人気のカテゴリーが150ccクラスなのだ。インドではPCX150ハイブリッドという日本にはない仕様が販売され、タイではヤマハXSR155が発売されて日本でも大きな話題となった。

ただし、150cc版のみの登場となったのは、アジア人気だけが理由ではないようである。日本においても、たしかにこのところ原付二種マーケットは飛躍的な伸びを見せており、国内出荷台数ではついに原付一種を上回っていることも確か。しかしADV125(仮)の投入は現時点でさほど重要ではなく、ADV150で軽二輪カテゴリーを盛り上げることが先決という判断だったのだ。

1/2ページ

最終更新:2/12(水) 15:57
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ