ここから本文です

【2020年春メイク】“くすみピンクアイシャドウ“で作る!媚びないオンナっぽメイクのHOW TO

2/11(火) 17:40配信

with online

2020年の春メイクはほのかな甘さの中に深みや知性、包容力の漂う、スモーキーピンクやモーヴ系パレットもブームに。まなざしを印象的に見せながら誰からも愛される彩りは、オフィスにもデートにも大活躍。メイクが一気にアカ抜けるから、今までブラウン一筋だったアナタも買わない手はありませんっ!

【A】《モデル使用色》プチプラなのに超使えると即完売した限定品が定番化。シルク級の上質なツヤめき。
キャンメイク シルキースフレアイズ 02 ¥750(3月1日発売)/井田ラボラトリーズ

【B】 今シーズンの一大トレンドカラー・モーヴが主役のパレット。上司や彼ママにもウケがよく、女友達にもおしゃれ認定される究極の好かれ色。
レ キャトル オンブル 354 ¥6900/シャネル

【C】ほのかな黄みを含んだ色合いで肌なじみはピカイチ。まぶたに優しい低刺激処方で肌荒れやカサつきを予防。
ミネラルクラッシィシャドー モデラートピーチ ¥4000(限定色)/エトヴォス

【D】自然なグラデになるよう設計された、不器用さんにもオススメの2色パレット。レッドパールが血色感も+。
アルモニーアイズ 05 ¥3500(2月17日発売)/エレガンス コスメティックス

【E】真珠を粉末にして配合した、ひときわ洗練された輝きにキュン♪ まぶたのくすみを一掃。
エターナルクチュール アイズ ベルベット 05 ¥5000(限定色)/ジルスチュアート ビューティ

「くすみピンク」パレットを使いこなすヒケツは…………締め色の上からピンクを重ねて囲む!

ピンクのシャドウは先に締め色を仕込むのがキモ。ピンクの愛らしさはそのままに目もとに柔らかな強さが生まれ、まぶたがハレぼったく見える心配なし。さらに下まぶたのキワをピンクで細くマークして囲み目にするのはマスト。トレンド感と吸引力がマシマシに!

HOW TO MAKE UP

使ったのは【A】のパレット

【1.まずはキワに締め色を仕込む】 濃いブラウンやボルドーなどの締め色(使用色・右下)を、上の目のキワに沿ってオン。チップ幅を活かして太めに。

1/2ページ

最終更新:2/11(火) 17:40
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ