ここから本文です

バルサの新監督招聘は正しい決断だったのか【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

2/11(火) 22:21配信 有料

SOCCER DIGEST Web

良いプレーを見せながら更迭されたバルベルデ監督

バルサらしいプレーを取り戻し、カンテラの選手にチャンスを与えながら、常勝を貫く。キケ・セティエン新監督が取り組むべき課題は、少なくない。(C) Getty Images

 スーペルコパでの敗戦によりバルサがバルベルデ監督を更迭。後任にはポゼッション・フットボールの担い手として知られるキケ・セティエンが就いた。原点回帰を狙った今回の指揮官交代。吉と出るのか、凶と出るのか。(文:ヘスス・スアレス/訳:小宮良之 2020年2月6日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック スペイン』を転載)

―――◆―――◆―――

「私が約束できるのは良いプレーを見せること。それだけだ」

 1月にエルネスト・バルベルデに代わってバルセロナの監督に就任したキケ・セティエンの言葉である。

 さて、私はこう書き始めながら、いささか迷っている。はたして、どこから伝えるべきなのか。キケ・セティエンとはどのような人物で、バルサで成功を収められるのか。いや、それよりも、今回の監督交代は正しかったのか。2連覇中のラ・リーガで首位をキープし、チャンピオン 本文:4,149文字 写真:2枚 スーペルコパのアトレティコ戦に敗れ、バルベルデ監督は解任された。チームとしてのパフォーマンスは上向いていたように見えたが。(C) Getty Images

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:2/11(火) 22:21
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る