ここから本文です

久保建英が4戦連続で先発を 外れた理由。不振でも限界でもない

2/11(火) 6:00配信

webスポルティーバ

しかし、チームの苦境は久保を圧迫した。

 年明けのアウェーのグラナダ戦、チームは1-0で敗れ、初めて降格圏に転落。尻に火が付いた。試合自体は優勢に進めていたが、ゴールを決め切れず、一瞬のスキを突かれて沈んだ。

 そのグラナダ戦でも、久保は右サイドを中心に躍動していた。攻撃をけん引し、何回かゴールチャンスを作っている。自らドリブルで割って入るなどして、アディショナルタイムにはエリア内で決定機をつかみ、際どいシュートを放った。

 しかし、負ければ"賊軍"となる。久保は戦犯にされた格好だ。

 翌節のバレンシア戦、マジョルカは4-4-2の"堅守カウンタースタイル"で戦った。ボールプレーをかなぐり捨てたが、効率的な攻撃を披露。相手に退場者が出たこともあって、4-1と大勝を収めた。

 これはひとつの形になったわけだが、その後は力負けで3連敗。最下位のエスパニョールにも敗れたことで、勝ち点で追いつかれてしまった。チームの目標は降格回避だが、ジワジワと土俵際に追い込まれている。

 もしマジョルカが攻め手のあるチームだったら、久保は欠かせない存在だろう。個人技だけでなく、コンビネーションを用い、相手に打撃を加えられる。来季、移籍の噂があるレアル・ソシエダなどは、理想的なチームと言える。しかし守備一辺倒でカウンターにすがる状況だと、単純な強さ、速さ、高さが要求され、久保はファーストチョイスにはならない。

マジョルカは、2部Bから這い上がってきたチームである。それだけに、当時から残った主力が、久保のような選手と折り合いをつけるのは難しい面もあるだろう。MFサルバ・セビージャなどは、意識的に見えるほど、久保へのパスが少ない。

 久保はそんな状況でもメンバーに入り、出場した試合では短い時間で爪痕を残している。18歳のルーキーとしては十分、及第点がつけられる出来だろう。経験を重ねるなかで成長も見られる。右サイドで中に切り込むプレーだけでなく、左サイドでウィングプレーを使って縦を突破し、崩し切るようなプレーを見せ、攻撃の幅を広げている。

 もっとも、久保本人が現状に甘んじることはないだろう。なぜなら、彼が目指す頂は高いからだ。王者レアル・マドリードでスタメンの座をつかみ取るには、マジョルカのようなチームを救う逞しさも求められる。残り15試合、ひとつひとつのプレーが試金石となるはずだ。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

2/2ページ

最終更新:2/11(火) 6:00
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事