ここから本文です

マークシート問題 当てずっぽうで「正解率」を上げる攻略法

2/12(水) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 受験シーズンも佳境に入った。入学試験ではマークシート式を含めた「選択式」の問題も数多く出題されているが、当てずっぽうの“山勘”では正解できないほど難易度の高い設問形式もある。果たして、選択問題で正解率を上げる攻略法はあるのか──。ニッセイ基礎研究所・主席研究員の篠原拓也氏がアドバイスする。

【写真】出題者の心理読む過去問題集

 * * *
 中学・高校・大学の入学試験はもちろん、学校での中間・期末試験、会社の入社試験、そのほか多くの資格試験……と、各種試験ではよく選択式の問題が出題される。

 受験者には、問題に対する複数の選択肢が与えられていて、その中から回答を選ぶ。選択式の問題は、回答が正解か不正解かがはっきりするため、記述式よりも採点が正確で、簡単だ。さらにマークシート方式にすれば、機械で採点することもできて、作業の時間と労力を削減できる。

 選択式の問題の場合、受験者は答えがわからなくても、当てずっぽうで答えることができる。それでは、当てずっぽうの回答が正解となる確率はどれくらいあるのだろうか。少し考えてみたい。

 まず、具体的な問題を設定しよう。理科の星座の問題を取り上げてみる。

【問題1】つぎの(a)~(c)のうち、春の星座はどれですか。1つ答えなさい。
(a)しし座 (b)オリオン座 (c)ペガスス座

 これは、典型的な三者択一の問題だ。正解は(a)のしし座。当てずっぽうでも、3分の1、つまり33%の確率で正解できる。では、次の問題。

【問題2】つぎの(a)~(c)は、四季の星座から1つずつ取り出したものです。春、夏、秋の星座はそれぞれどれか、1つずつ答えなさい。
(a)わし座 (b)おとめ座 (c)カシオペア座

 この問題は、選択肢の3つの星座を春、夏、秋に対応させるものだ。正解は、春が(b)のおとめ座、夏が(a)のわし座、秋が(c)のカシオペア座となる。回答の種類は、3の階乗で6通りあり、当てずっぽうの場合、17%の確率で正解することになる。これは、サイコロを振って「1」の目が出る確率と同じだ。それでは、次の問題はどうか。

1/4ページ

最終更新:2/12(水) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ