ここから本文です

ポップ界の新アイコン!「ビリー・アイリッシュ」のファッションまとめ

2/12(水) 0:00配信

コスモポリタン

Z世代を代表するポップカルチャーのアイコンとして、大注目のビリー・アイリッシュ。オーバーサイズの服を好んで着るのは、ボディラインを見せずに、性的な概念から自分を解放するため。「自分の全てを世界に晒したくはない」と、音楽同様ファッションにも独自の哲学を貫く彼女の、カリスマ性溢れる姿をコスモポリタン アメリカ版より一挙大公開。

【写真】どんな色でもキマる!ビリー・アイリッシュのヘアカラー遍歴

2019年12月7日

オーバーサイズのルックが、最高に似合うビリー。バラエティ誌が主催する「バラエティーズ・ヒットメーカーズ・ブランチ2019」では、実家にある寝椅子やカーペットのような柄を、クールなスタイルに仕立てて披露。

どこか懐かしさを感じさせるプリントは、ホリデーシーズンを意識!? オレンジ色のサングラスを選んで、全体をまとめているのも素敵!

2019年11月2日

「LACMA アート+フィルム ガラ2019」でのリラクシングなコーデは、グッチのもの。スパンコールの花の装飾が目を引く、グッチのパジャマルックに、ブルーのサングラスでカラーリンクさせているのがお見事!

2019年3月28日

ラグジュアリーブランドで固めたコーデも、とことんポップに仕上げるのがビリー流。ルイ・ヴィトンのモノグラムを大胆にプリントしたプルオーバーとパンツに、バケットハット、フェイスマスク。

露出したのは目元のみで、年齢もジェンダーすらもカモフラージュしたところに、ビリーらしさを感じるスタイリング。

2019年3月14日

日本が誇るキャラクター、セーラームーンをフィーチャーしたセットアップがなんともユニーク! スランピーケヴというアーティストによる作品で、「アイハート・ラジオ・ミュージック・アワード2019」にて着用。

チョーカー&クロスのネックレス、チャンキーな黒のスニーカーを合わせて、ややゴスなムードでまとめたビリー。難易度高めなスタイルも着こなしてしまうのは、さすが。

※この翻訳は、抄訳です。

最終更新:2/12(水) 0:00
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ