ここから本文です

Jクラブも獲得可能? 契約フリーの名手5人(1)。元祖・爆速王にアジアカップで話題となった元韓国代表MFも

2/12(水) 7:10配信

フットボールチャンネル

 2020シーズンのJリーグ開幕が迫っている。現在は各クラブが新シーズンに向け戦力補強に力を注いでいるが、まだまだ移籍市場の熱は冷めないだろう。ビッグネーム加入の可能性も、捨てきれない。今回フットボールチャンネル編集部では、Jリーグクラブも獲得可能な現在フリーの名手を5人紹介する。(市場価格は『Transfermarkt』を参照)。

元ブラジル代表FW

FW:ジエゴ・タルデッリ(元ブラジル代表)
生年月日:1985年5月10日(34歳)
市場価格:250万ユーロ(約3億円)
最終所属:グレミオ(ブラジル)
昨季リーグ戦成績:29試合出場/4得点1アシスト

 サンパウロの下部組織出身で、早くからその才能を高く評価されていたFW。身長は179cmとそれほど大柄ではなく、スピードも突出したものではないが、身体をうまく使ったボールキープ力に長け、最前線で味方の選手を生かすことができる選手だ。典型的なストライカータイプではないが、様々なタスクをこなすことができる有能なプレーヤーだと言えるだろう。

 ジエゴ・タルデッリはレンタルで加入したベティスやPSVなど、欧州の地では活躍できなかったが、2009年より加入したアトレチコ・ミネイロではリーグ戦33試合で19得点7アシストの成績を収めるなど、爆発。その活躍が認められ、同年8月にはブラジル代表初招集も果たしており、2015年に行われたコパ・アメリカなどに出場している。その後はアンジ・マハチカラや中国の山東魯能に在籍し、昨季よりグレミオに移籍していた。

 しかし、グレミオではリーグ戦29試合に出場するなど主力としてプレーしていたものの、得点数はわずか「4」に終わり、アシスト数も「1」と不振にあえいだ同選手。当初、グレミオとの契約は2021年12月までとなっていたようだが、クラブはこの成績に不満を抱いたのか、先月にタルデッリとの契約を解消している。そのため、現在はフリーの身。果たして新天地は決まるのか。

1/3ページ

最終更新:2/12(水) 8:06
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ