ここから本文です

れいわ・山本太郎「長いものに巻かれない強さ」の秘密

2/12(水) 11:51配信

PHP Online 衆知(THE21)

「なんかムカつく」という漠然とした敵意

 先の参議院選挙で、れいわ新選組の山本太郎代表が街頭演説に立つと、ヤジや罵声が飛ぶことも少なくなかった。ただ、山本氏が他の政治家と違うのは、心ない言葉を浴びせる人とも、コミュニケーションを試みることだ。
 なぜ、自分を攻撃してくる相手と対話するのか。

 「私の街頭演説に立ち止まって文句を言ってくる人は、マイクを渡せば話し合える可能性が高いんです。傍から見ればイチャモンをつけているとしか見えなくても、私に言いたいことがあるから、その場にいるわけです。
 『山本太郎なんて大嫌い!』と言われることもあります。

 しかし、そうした批判は貴重です。私のどこが嫌いなのか、山本太郎の至らなさをしっかりと提示してくれる可能性があります」

 山本氏を批判する人たちの中には、考え方や活動に対して反対意見があるというより、「よくわからないけど、なんかムカつく」という漠然とした理由で反対している人も多いという。

 「私の何が気に食わないのか、具体的に説明できる人はそれほど多くありません。
 恐らく、私に関するいろんな情報をつなぎ合わせて、その人の中で私のイメージを勝手に作り上げているのだと思います。

 最初にそれを感じたのは、政治家になる前。
 2011年に脱原発のための署名活動をしていたときのことです。
 敵意を持って話しかけてきた人がいたので、聞いてみると、『お前、こんなことがあっただろう』と。
 その内容は、ネットの噂や週刊誌報道をつなぎ合わせたフンワリしたものでした」

 「アンチ」の正体は、「単なる先入観」の可能性が高い証拠だ。

「理論武装」はしても、決して論破はしない

 では、自分に先入観を持つ相手に対し、山本氏はどのようにコミュニケーションを重ねるのだろうか。

「自分から説明をしっかりすることが大切だと思っています。
 そのためにも、一定の理論武装は必要です」

 アンチを論破するということだろうか。
 「それは違います。質問に対してできるだけ丁寧にわかりやすく答えたいのです。
 私は街頭でプレゼンする際には、幅広い政治テーマに対して何万枚単位の説明スライドを準備しています。

 ただし、たかだか山本太郎ですから、すべてに答えられるわけではありません。
 その場合は、『ご存知の方がいれば、手を挙げて教えてください』と。

 『そんなことも知らないのか!』と言われても、『そうなんですよ、だからぜひ皆さんのアイデアやご意見を賜りたいんです』と答えます。
 その姿勢を貫いていると、最後には力を貸してくれる方や、寄付してくれる方が現れます」

1/3ページ

最終更新:2/12(水) 11:51
PHP Online 衆知(THE21)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ