ここから本文です

北村有起哉、『美食探偵 明智五郎』に出演 主演・中村倫也に助けられるベテラン警部に

2/12(水) 5:00配信

リアルサウンド

 中村倫也が主演を務める日本テレビの4月期日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』に、北村有起哉が出演することが決定した。

【写真】中村倫也が自ら生地選びに参加したスーツに身を包む

 本作は、『海月姫』『主に泣いてます』『ママはテンパリスト』『偽装不倫』『東京タラレバ娘』などで知られる東村アキコ原作の同名漫画をドラマ化するサスペンス。美食家のイケメン探偵が、連続殺人鬼の真相とハートに迫る。

 中村演じる主人公で美食家の探偵・明智五郎は、容姿端麗だが、超・超・変わり者。明智に助手扱いされ、様々な事件に巻き込まれる移動弁当屋・小林苺や、明智と出会い殺人鬼へと変貌する美女“マグダラのマリア”といったキャラクターが登場する。明智とマリアは、“探偵と殺人鬼”という対立関係でありながら、“惹かれ合う男女”でもある複雑な間柄となる。小芝風花が小林苺を、小池栄子がマリアを演じる。

 北村は、明智五郎を邪魔者扱いするくせに、結果助けられてしまう警視庁のベテラン警部・上遠野を演じる。なお、番組公式Twitterでは、アカウントをフォローし、情報出しツイートをリツイートした人の中から抽選で2名に、北村のサイン入りチェキが当たるプレゼントキャンペーンが実施されている。

 出演が決定した北村と荻野哲弘プロデューサーからはコメントが寄せられている。

北村有起哉 コメント
役柄について
まだ役柄を完全につかみ切れてはいないのですが、実はつかむ必要もないかな……と(笑)。というのは、その時の直感やノリ、空気で何が生まれるか……という撮影現場での瞬発力を重視して演じたいと思っているので。上遠野の役割としては、頭が切れてちょっと変わった明智というキャラクターをどう引き立てるかが大事。とにかく派手に、賑やかに一緒にお芝居を楽しみたいです。
あとは……土佐弁が大変です。方言手当が欲しいですね(笑)。

原作について
非常に楽しく読ませて頂きました。女性だけでなく、男性も楽しめる作品だと思います。
結構エグイ内容も描かれているので、それをドラマでどう表現していくのか……それも楽しみですね。

視聴者へのメッセージ
このドラマ、どうなるか想像がつかないな……というのが最初の印象です。中村君、小芝さん、小池さんとフレッシュなメンバーが中心なのですが、キャストだけ見て参加させて下さいと決めました。芝居が達者な人ばかりなので、ぶっ飛んだ設定もアドリブに対しても怖いモノ無しだと思いますし、今のドラマの枠をはみ出すような作品ができるのではないか……と思っています。とにかくお芝居を楽しみにして頂きたいですね。

情報・制作局 荻野哲弘プロデューサー コメント
北村有起哉さんと初めてお仕事をご一緒したのは、3年前の『視覚探偵 日暮旅人』という連続ドラマでした。北村さんに演じていただいたのは、“リッチー”という血も涙もない殺し屋。
その役をゾクゾクするほど怖く、それでいて時にユーモラスに演じきった北村さん。何よりも驚いたのは、毎回確実に面白くなるアイデアを現場に持ち込まれること。
まさに日本のテレビドラマ界が誇る“足し算”の俳優さんだと思います。
この度、上遠野警部役を演じていただくに当たりお願いしたのは、“リッチー”とは真逆で、主人公へのコンプレックスに苛まれた土佐弁バリバリの叩き上げ刑事を、笑えるように演じきって下さい、ということ。
既に撮影現場では、北村さんの、演じる度に変化していくお芝居に、爆笑の渦が巻き起こっています。
なので私は決めました。上遠野警部で号泣できる回を作ろうと。
どの回でそれが見られるのか……ご期待下さい!

リアルサウンド編集部

最終更新:2/12(水) 5:00
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事